So-net無料ブログ作成
検索選択

TAMAGOこと”阿人”です。好きな中華圏エンタメについて気ままに発信。音樂、映画、ドラマ…雑誌に書籍...Event など…臺・香・中・星・馬...日本で活動する人まで

臺灣電影 ブログトップ
前の3件 | -

臺灣映画 《KANO -カノ- 1931 海の向こうの甲子園》 (原題 《KANO》) プレ上映会で鑑賞です [臺灣電影]

来年 2015年 1月24日より日本で待望の全国公開が決った

臺灣で今年一番のヒットとなった作品… 《KANO》 (邦題:《KANO -カノ- 1931 海の向こうの甲子園

 

日本でも幾つかの映画祭で上映がありましたが

本日 2014年11月30日 東京地區で初となる上映が行われました。

東京都多摩市で行われていた"TAMA CINEMA FORUM 第24回映画祭"。

その Closing 特別上映作品として《KANO》 が選ばれました。

 

この特別上映ですが、試写というカタチを取っており完全招待制。

映画祭のホームページで観覧の募集があり抽選者のみの観覧できるモノでした。

自分は抽選に外れてしまったのですが

この情報を教えてあげた知り合いが抽選に当たり運良く試写に参加することが出来ました。

KANO_pre_01.JPG

 

会場は多摩市にある京王線聖蹟桜ヶ丘駅前にあるヴィータホール(関戸公民館) 。

上映開始時間は15:00 から。

上映後には作品のプロデューサー・魏德聖と監督・馬志翔が壇上してのトークショーと

最高なカタチの試写となりました。

KANO_pre_02.JPGKANO_pre_03.JPG

 

会場へは開場時間の約1時間前に到着。

入場は当選はがき(当選メール) に書かれた整理番号順ということだったので

暫く時間を潰しながら知人の到着を待ちました。

KANO_pre_13.JPG

 

開場時間が近づくと狭いロビーには人が溢れて行き作品を待ちわびる人の熱気に

圧倒されそうな感じでした。

KANO_pre_05.JPGKANO_pre_06.JPG

 

会場に集まった観客は若干年齢が高めな感じ…意外な知り合いにも遭遇し

待ちに待った試写となりました。

KANO_pre_04.JPG

 

上映時間 3時間5分という大作ですが

作品が始まるとその世界観にどっぷり惹き込まれ

気がつけばあっという間に時間が過ぎていったという感じでした。

魏德聖イズムたっぷりの世界観に映画の持つテーマ、時代背景…

期待を裏切らない内容に正直 序盤から目が潤んでしまった感じでした。

※でも、流石にお尻は痛かったですが…

 

映画の舞台は1929~1931年の臺灣。

臺灣中南部の都市、嘉義にある嘉義農林学校の野球部にスポットを当て、

史実を基に若干の演出を加えた作品となっています。

作品全体の8~9割が日本語の台詞という臺灣作品? と思ってしまうほど

あの時代の風景を体感できる… 時代背景に忠実な作品は

魏德聖ファンでなくとも必見の作品と思います。

 

上映後、約10分のインターバルをおき行われたトークショー。

プロデューサー・魏德聖と監督・馬志翔と臺灣からのGuest 2名と

司会・石坂健治氏によるステージは約45分行われ

本作品についての話を生の声で聞くことが出来ました。

会場には作品に縁深い人達も来場されており

この作品に登場していた人物が実在の人物だったことを

改めて思い知らされる場面もありました。

KANO_pre_07.JPG
KANO_pre_08.JPGKANO_pre_09.JPG

 

トークショーの中で映画の宣伝をして下さいという両名の声に観客が反応し

最後のフォトセッションではマスコミ以外の観客を巻き込んでの撮影会となりました。

 

残念ながら間近で監督とかと触れ合える場はありませんでしたが

樂しい時間を過ごすことが出来ました。

 

さて、正式な上映は来年ですが現在既に前売り券発売中。

自分も既に購入し特性のリストバンドをGET してます。

KANO_pre_10.JPG
KANO_pre_11.JPGKANO_pre_12.JPG

 

日本でも"KANO"旋風が吹き荒れるか…

これから関連Goods が続々発売されそうなので

来年の正式公開が本当に樂しみです。

 

公式サイトはここ

http://kano1931.com/ 

 

                                                        (阿人)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

臺灣映画 《一分間だけ》 (原題 《只要一分鐘》) 本日より公開です [臺灣電影]

映画館で映画を観たのはいつ以来… って感じで劇場で映画を観てきました。

最近は仕事も忙しくなかなかブログを更新するのも儘ならないのですが

休みにはぼちぼちイベントに出掛け相変わらず好きな音樂は購入しています。

さて、そんな日々ではありますが本日2014年 5月31日公開となった臺灣映画があります。

 Title : 《一分間だけ》  (原題 《只要一分鐘》)

One Minute More_08.JPG

 

臺灣映画と言っても原作は原田ハマさんの同名小説。

主題歌は住岡梨奈 、製作にも多数の日本人Stuff も携わった

日本と臺灣合作といった作品です。

今年の3月に行われた"第9回大阪アジアン映画祭" の特別招待作品としていち早く日本で公開。

日本正式公開に先駆け臺灣での公開された本作品は

主演に張鈞甯、何潤東と日本でも人気のある俳優陣が努め

切なくて、心温まるハートフルな感動を与えてくれました。

One Minute More_09.JPG

 

Story は、自分も夢に向かって突き進むファッション雑誌編集者の蔡琬真。

そんな彼女を支える夫・沈浩介…

そんなふたりのもとに家族がひとり増えることに… 生後4ヶ月のゴールデン・レトリバー"リラ"。

専業主夫である浩介の寂しさを補うために贈った琬真のプレゼント

ふたりの関係に新しい風を吹き込んでくれた。

One Minute More_10.JPG

 

都会から郊外へ生活の拠点を移し新しい生活が始まった矢先

琬真に転機が…

仕事の夢、家族、そしてリ、全てがうまく行くと思っていた琬真であったが…

 

そして、突然訪れるリラとの別れ…

リラとの出会いを通して本当に大切な何かを知った琬真は…

One Minute More_11.JPG

 

個人的には原作を読んでいるわけでもなく

臺灣作品のひとつという感じで作品を観に行きました。

作品を知り内容についてある程度知ってはいましたが

これほど感動する作品とは思いませんでした。

 

今までの出演作品とは雰囲気の違う役柄の張鈞甯、何潤東。

脇を固める個性的な面々… 

特に主演ふたりの夫婦としての関係性が魅力でしたね。

 

最近の臺灣映画作品は多様化され色々なジャンルの作品が作られていますが

不思議なぐらい日本の作品ぽい仕上がりになっているのが不思議な魅了を感じる

ひとつの要素だったかもしれませんね。 

 

女性監督(陳慧翎) 作品らしく繊細なタッチの映像と演出、 

魅力的な臺灣の風景…

勿論、もう一人の主役 リラの存在も… 

全てがいい感じで融合された感動的な作品でした。 

 

個人的には最後の展開がどうなのか気になるところではありましたが…

 

 

本日、初日の初回上映を鑑賞。

限定でプレゼントされたOriginal クリアファイルもGet 。

One Minute More_12.JPG

 

上映会場であった新宿バルト9には作品のディスプレイもあり

作品上映前から気分を高めさせてくれましたね。

One Minute More_01.JPGOne Minute More_02.JPG
One Minute More_03.JPGOne Minute More_04.JPGOne Minute More_05.JPGOne Minute More_06.JPGOne Minute More_07.JPG 

 

製作國 : 臺灣 

製作年 : 2014年

導  演 : 陳慧翎

監   製 : 李崗、吉田正大

出   演 : 張鈞甯、何潤東、丁春誠、賴佩霞、薛仕凌 …

 

 

                                                   (阿人) 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

臺灣映画 《セデック・バレ》 第一部、第二部 2013年 4月20日 : 本日より日本公開 [臺灣電影]

2011年に臺灣で公開された魏德聖導演作品 《セデック・バレ》 (原題 : 賽德克・巴萊) 

本日、2013年 4月20日。

待ちに待った日本上映が開始されました。

その状況をこの目で確かめる為、初回上映を観に公開劇場である

東京渋谷ユーロスペースに向かいました。

 

Seediqbale_jp_01.JPG

 

既に前売りチケットは購入済み。

劇場窓口で整理券と交換してあとは鑑賞するだけ…ですが

なんと公開初日と2日目に本作品の監督である魏德聖導演の舞台挨拶が決定。

こんな機会は滅多にないことなので勢い勇んで会場に向かいます。

 

Seediqbale_jp_02.JPG

 

1回目の上映時間は12:40 からですが

整理券引き換えは劇場開店の10:00から開始。

それに合わせ会場に向かいました。

 

Seediqbale_jp_03.JPG

 

劇場窓口に着いたのは9:45頃…既に整理券の交換が始まっており

長い列が出来ていて驚きました。

慌ててその列に並び1回目の上映券と引き換えることが出来ました。

第2部の『彩虹橋』を観ない人が何人かいたようで

第1部の『太陽旗』 の整理番号は『35』番、 第2部の『彩虹橋』 の整理番号は『33』 番と

早い時間ながら多くの人が来ていたことにビックリしました。

整理券を受け取ったついでにグッズも購入します。

 

Seediqbale_jp_04.JPG

 

パンフレットだけかと思ったら意外と色々なグッズが売っており

持っていたサントラCD 以外を全て購入しました。

 

さて、開演10分前にスクリーン前に集合ということで

一旦その場を離れ12:30頃 再び劇場に足を踏み入れます。

 

すると、決して広くないロビーは人で溢れ身動きができない感じでした。

定刻通りにスクリーン内への誘導が始まり

自分はスクリーン向かって右のブロック最前列内側で鑑賞することに。

ある意味、歴史的な1回目の上映回。

立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。

 

開演時刻 12:40 になると配給会社の方による舞台挨拶の仕切りが始まり

本日の主役である魏德聖導演と美術監修した種田陽平さん、通訳のサミュエル周さんが壇上に。

段取りよく舞台挨拶が始まっていきます。

多くの報道陣もその状況を見守っているかな

一般観客席からもシャッターを押す姿があったので申し訳ない程度に

自分もカメラを構えます。

 

Seediqbale_jp_05.JPG

 

ですが、舞台挨拶の途中で配給会社の方から

「一般の方は撮影を控えるように…」とちょっと遅れた告知がありながらも

監督、種田さんと交互に話しは続いていきます。

約20分程度の内容でしたが間近で監督の言葉を聞けたのは良かったです。

出来ればQ&A があれば良かったのですがね…。

 

さて、壇上者の退場を見送り作品上映が開始されます。

作品内容感想については以前も記事にしている筈なので割愛しますが

日本公開という事で日本語字幕。

そして、作品が始まる前に劇中に使われる言葉の意味を最初に流したのは

親切な感じでしたね。

 

さて、劇場自体は入れ替え制の為、第一部が終了すると一旦スクリーンの外へ

ですがあまり間もなく第2部目の入場が始まり慌ただしい感じでした。

 

今度は場所を少し変えての鑑賞。

ですが、流石に2部連続に4時間を超える作品。

少々おしりが痛くなりましたね…また、劇場内が妙に暑かったせいで

若干気分が悪くなりましたね。

 

さて、流石に大きい画面、迫力ある音響で観ると迫力が違いましたね。

また、日本語字幕により以前観た時とまた違った印象を受けたような気がします。

観る人によってどのように作品が映るか分かりませんが

本作の日本でのヒットを願うばかりです。

 

さて、2部全ての上映が終わりスクリーンを出てみると

魏德聖導演のサイン会が行われていました。

勿論、参加するためにその列に並びますが…途中、舞台挨拶の為 15分程中断。

それでも待ったかい会ってサインを貰えました。

 

Seediqbale_jp_06.JPGSeediqbale_jp_07.JPG

 

パンフレットは2部買っていたので、2部共にサインを頂き最後に寫眞を撮らせて貰います。

ですが、あまりに緊張しすぎて中國語で話しても通じず…(というか、声が小さかったのか…)

手が震えすぎて撮った寫眞はピンぼけ…なんとも悲しい結果となったのは残念でしたね。

でも、貴重な時間を共有出来ましたね。

 

さて、購入したグッズは以下の通り。

内容満載のパンフレット…

 

Seediqbale_jp_08.JPGSeediqbale_jp_09.JPGSeediqbale_jp_10.JPGSeediqbale_jp_11.JPG

 

シールシートセット

 

Seediqbale_jp_12.JPG

 

小銭入れ。

 

Seediqbale_jp_13.JPG

 

そして、Tシャツ

 

Seediqbale_jp_14.JPGSeediqbale_jp_15.JPG

 

好きな作品なだけに買ってしまいましたね。

 

 

                                                (阿人)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の3件 | - 臺灣電影 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。