So-net無料ブログ作成
検索選択

TAMAGOこと”阿人”です。好きな中華圏エンタメについて気ままに発信。音樂、映画、ドラマ…雑誌に書籍...Event など…臺・香・中・星・馬...日本で活動する人まで

大馬電影 ブログトップ
前の3件 | -

大馬映画 《行X踏錯》 ちょっと変わったSuspense × Comedy 作品です [大馬電影]

少し前に購入した鑑賞した作品ですが

結構味のある作品だったので記事に。

 

作品自体は2011年にMalaysia で公開された作品になります。

この作品に興味を持ったのは出演者の顔ぶれでなのですが

なかなか味のある作品でした。

 Title : 《行X踏錯》 (英題 : 『3Xtrouble』) 

3xTROUBLE_08.JPG

 

主演は戴陽天、林宇中、林德榮 の3人。

Singapore やMalaysia で活躍する俳優さん中心に

臺灣の歌姫"Landy" こと 溫嵐 が加わった顔ぶれ。 

3xTROUBLE_09.JPG

 

Story を少し。

ナイトマーケットで女性用下着を商う"田" (林宇中)、

違法なDVD を売る"海" (林德榮) 、電気製品の運搬で生計を立てる"山" (戴陽天) は

昔ながらの友達で毎晩の様につるんでいた。 

3xTROUBLE_01.JPG

 

ある晩、田 に立て続けに起きた災難。

突然、店に現れた妻に愛想をつかれた挙句、

トラブルにより店を燃やされてしまった"田" は途方に暮れてしまう。

幼い息子を養わないといけない"田"は

"海"の悪知恵でとてつもない計画に加わることに…

その計画とは"車泥棒"。 

3xTROUBLE_02.jpg

 

"海"、"田"、"山" 、とあるショッピングモールの駐車場で計画を実行。

あっけないほど順調に車を盗んだ3人だが

この事から途轍もない事件に巻き込まれていく。 

3xTROUBLE_03.JPG

 

盗んだ車のトランクには意識を失った女性 (溫嵐) …

慌てて郊外の路上に女性を放置した"田"らであったが

翌日、彼らの家に何故かその女性の死体が… 

3xTROUBLE_05.jpg

 

その死体の処理に翻弄する彼ら…

それダケではなく何故か殺し屋 (陳勢安) に命を狙われる羽目に… 

3xTROUBLE_04.JPG

 

ドタバタの先に迎える彼らの運命とは…

 

Malaysia の街並みを背景に

二転三転する展開。

そして最悪な結末…

話の展開などはSuspense 風なのですが

全体的にComedy 要素が強く不思議な感じの作品でした。

 

話が進みにつれて意外な事実

話の真相が見えてくるのですが…最後がなんともやり切れない結末に…。

 

最後、時間軸を振り返る映像が出てくるのですが

よく練られた台本だったのだと感心してしまいました。

 

さて、最近よくSingapore、Malaysia 作品を観ますが

TV Drama 含め馴染みのある顔が多く出演する中

本来歌手として活動する林宇中や陳勢安、曾國琿の姿は新鮮でしたね。 

3xTROUBLE_06.jpg

 

また、Landy も作品の中、存在感が充分ありました。

DVD に収録されていたMaking 映像でも

撮影の裏話や初めての経験した事を語っていましたが

彼女にとっても貴重な作品になったことでしょう。 

3xTROUBLE_07.jpg

 

2012年に入りSingapore や臺灣でも公開された作品。

日本では公開は先ず無いでしょうね…

最近、観た作品の中でも異色の1つ。

Malaysia の作品も侮れませんな。 

 

 

導    演 : 游達志

出    演 : 陳勢安、戴陽天、林宇中、溫嵐、林德榮、黃啟銘、王淑君、曾國琿

製 作 國 : Malaysia

上 映 年 : 2011年 

                                                  (阿人)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

星/馬/中 映画 《龍拳 ~ Fist of Dragon ~》 Malaysia 舞台のカンフー映画です [大馬電影]

さて、先日購入した作品を早速鑑賞しました。

《葉問2》の製作人が放つMalaysia を舞台にしたAction Comedy 映画

Singapore、Malaysia、中國 共同制作となる本作は

異国情緒漂うChinatown を舞台に繰り広げられます。

 Title : 《龍拳 ~ Fist of Dragon ~》 

fistofdragon_01.JPG

 

成龍(ジャッキー・チェン) 主演作で同Title の映画はありますが内容は別物。

ですが、カンフー映画にありがちなベタなStory、展開ですが… 

fistofdragon_02.JPGfistofdragon_03.JPG

 

主人公となる青年・阿傑(蔡業翰) が中國から

Malaysia で軽食屋を営む叔父・陳叔叔(程旭輝)の元へ行った事から

物語が始まります。 

fistofdragon_05.jpg

 

叔父の住む街… ある極道組織に牛耳られ

住む人達はその組織には逆らえずどこか怯えた生活をおくっていた。

ある日、叔父を助けるために拳を交えた阿傑だったが

この事で街を巻き込む大事件に発展してしまう… 

fistofdragon_04.jpg

 

居場所を失った阿傑は街を離れる決意をする。 

fistofdragon_08.jpgfistofdragon_07.jpg

 

その時し、その街では極道組織の本当の目的が実行される事に… 

fistofdragon_10.jpg

 

Story は展開共に正直ベタです。

突っ込みどころも多々あり

ちょっと強引な展開や

人物構図もありますが… 

Action Comedy 映画とうたっているので

それでもいいのかも知れませんね。

 

ヒロインとして登場するのは謝宛諭 (Fiona Xie) 。 

fistofdragon_09.jpg

 

陳叔叔の娘・"莉莉"役で出演。

久々に彼女の作品を観た感じですね。

役柄的に中途半端な人物(設定)でしたね。

そこが若干残念な印象でした。

 

そして、もう一人のヒロイン。

最初、陳叔叔から受け入れられない阿傑を優しく見守る女性に

中國内地の女優・王曉晨 が出演。 

fistofdragon_06.jpg

 

Fiona の役と対照的な役柄に彼女の方が印象が強いですね。

 

 

監督・主演を務める蔡業翰はMalaysia 出身。(らしい…)

Action も悪くなく香港のAction 作品とはひと味違う

映画を観させてくれたという印象です。

撮影舞台はMalaysia Malacca らしく

その風景も映画のいいスパイスになっています。

 

 

 

導   演 : 蔡業翰

演   員 : 蔡業翰、葉良財、程旭輝、謝宛諭、王曉晨

 

上映年 : 2011年

製作國 : 新加坡、馬來西亞、中國

 

                                                 (阿人)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

大馬映画 《哈比全家福 ~Happy Family~》 2012年春節映画をDVD で鑑賞 [大馬電影]

久々に映画の記事です。

先日、Yes Asia で購入した映画DVD の内の1本です。

 

最近、ハマって観ているSingapore や Malaysia 製作の作品。 

製作國がSingapore、Malaysia だと基本的にNo Genre で

作品を購入して観ているのですが

普段日本で目にすることのない地域の作品だけに味わいが違います。

 

その地の暮らし、習慣、雰囲気がいいスパイスになって

観るものを楽しませてくれます。

そして、今回観たのがMalaysia 製作の映画 "池家慶"導演作品

 Title : 《哈比全家福 ~Happy Family~》                  です。 

Happy Family_01.JPG

 

2012年 1月に公開された春節映画でそのDVD を鑑賞しました。

とある家族の物語。

なかなか心温まる作品でした。 

Happy Family_02.JPG

 

では、Story を少し。

家族の小言が嫌で3年ぶり帰郷する楊聰 (辛偉廉) 。

結婚後、初めて妻・李嘉欣 (蔡佩璇) と過ごす実家での年越し。

 

Happy Family_04.jpg

 

 

実家に待ち受けるは一味変わった家族の面々。

電脳オタクの長男・楊洋 (李洺中)、

妹・楊梅 (林靜苗) は何もせずひたすら食べることを愛すオデブちゃん。

その双子の弟・楊過 (陳凱旋) はひ弱・虚弱体質で いつも楊聰の顔色を伺っている。

そして、愛情を注いでくれた両親…

 

突然の楊聰夫婦の帰郷に微妙な空気が漂います。

その晩の食卓。

久々に家族揃った食事でしたが

そこで楊聰のコンプレックスに火がつき

最悪な食卓に… 

そのコンプレックスとは、両親が分け与えてくれた

鶏料理の部位が楊聰の嫌いな「ぼんちり」だったため…

子供の頃から抱いていた嫌気をさしていた楊聰の感情が爆発してしまいます。

 

Happy Family_07.jpg

 

翌日早朝、楊家族は楊聰夫婦を残し家族旅行へ。

二人きりで実家で過ごすことになった楊聰夫婦でしたが

そこでハプニングが発生します。

嘉欣の悲鳴で目覚める楊聰。

悲鳴の元へ向かうとそこには旅行に出掛けたはずの家族が…

 

嘉欣に話を聞くと部屋にあった「哈比水」というCleaning 液で

壁に掛けてあった家族寫眞を拭いたら

そこから皆が現れたという…

 

本当か嘘か…

 

しかし、家族が写っていた筈の寫眞には風景だけが残り

目の前には家にいないはずの家族が…

妙に社交性がある兄…

ダイエットだといって食べない妹…

たくましく男らしくなった弟…

そこにいたのは性格が全く真逆の家族であった。  

Happy Family_05.jpg

 

皆が元の寫眞の中に戻る様に考える楊聰であったが

なかなかうまく行かず

奇妙な集団生活が始まるのですが… 

 

寫眞から現れた家族との生活で

家族への思いが少しずつ変わっていく楊聰。

 

家族の他に彼らを取り巻くユニークな人物が次々に現れ

物語に花を添えてくれています。 

 

そして、最後に知ることとなる真実。

心温まる春節作品になっています。

 

 

短い時間に家族の関係性がうまく描かれていて

Story に入りやすい感じでしたね。

 

また、Malaysia の土地柄も描かれていて

そこもこの作品の魅力のひとつでした。

 

さて、出演者ですが

長男・洋 に恋焦がれる女性に《881》等の作品でお馴染み

Malaysia 出身の"楊雁雁"が出演。

カナリいい味出しています。

Happy Family_08.jpg

個人的には主人公の奥さん役を演じた"蔡佩璇"が注目の人。

映画作品は今回2作品目の様ですが

なかなかチャーミングで素敵な女優さんです。

1本目の出演作 《媒人帮》 (池家慶導演作品) も観ていますが

前作よりいい感じです。

Singapore やMalaysia のTV ドラマに多数出演している様なので

今後もCheck していきたいですね。

 

Happy Family_06.jpg

 

Malaysia の華語映画作品。

Malaysia 風土に根付いている暮らしと

Comedy のセンスは

臺灣や香港、中國作品と違って面白いですな~。

Happy Family_03.JPG

 

 

                                                  (阿人) 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の3件 | - 大馬電影 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。