So-net無料ブログ作成
検索選択

TAMAGOこと”阿人”です。好きな中華圏エンタメについて気ままに発信。音樂、映画、ドラマ…雑誌に書籍...Event など…臺・香・中・星・馬...日本で活動する人まで

星洲電影 ブログトップ
前の3件 | -

Singapore 映画 《我的朋友,我的同學,我愛過的一切》 90年台・若者達の青春群像劇... [星洲電影]

最近は映画の記事を書いていないので久々に…

定期的にDVD を購入し観てはいるのですが忙しくてなかなか進まず

ようやく観たかった作品を今日見ました。

その作品は昨年公開され話題となったSingapore 映画です。

 Title : 《我的朋友,我的同學,我愛過的一切》 (英題:That Girl In Pinafore)

thatgirlinpinafore_01.JPG

 

さて、この作品は昨年行われた"福岡国際映画祭2013"でも

"シンガポール・グラフェティ" という邦題上映もされている作品。

個人的にこの作品を知る切っ掛けはOriginal Soundtrack を

先に入手した事が基になるでしょうか。

Singapore 映画の作品のSoundtrack いう事で珍しさもあってのことですが

その音樂性に惹かれ観たいと思っていました。

運良くSingapore で発売されていたDVD を購入し今回の視聴に至りました。

thatgirlinpinafore_02.JPG

 

さて、内容を簡単に説明すると、1990年台のSingapore を舞台にした青春群像。

幼なじみの4人の青年とある事をキッカケに知り合った少女との交流を描いたノスタルジックな作品。

劇中では連絡手段にポケベルであったり、音樂を聴くのがカセットテープレコーダーから

ポータブルCD プレーヤーに変わる頃だったりとその時代背景も樂しめます。

thatgirlinpinafore_03.JPG

 

思春期学生達の話という事もあり多少エッチめなシーンもありますが

その中に宮澤りえの寫眞集(Santa Fe) なんて登場するあたりが目から鱗だったりします。

さて、映画の印象としてはSingapore 版 《那些年,我們一起追的女孩》 って言う感じでしょうか。

Story の展開や生活環境は違いますが物語の雰囲気は似た印象ですね。

thatgirlinpinafore_04.JPG

 

Story を少し。

音樂を愛する両親の元に育った佳明 (陳世維) は自身もGuitar を爪弾く音樂青年。

しかし、勉強の方は… ある日、悪友3人と一緒の時にちょっとしたトラブルに遭遇。

その時、佳明に取って運命の女性"小梅" (陳欣淇) と出会う。

数日後、学校で再会する佳明と小梅だがここでもトラブルに遭遇し想いは伝わらず…

thatgirlinpinafore_05.JPG

 

後日、彼らが参加した音樂コンテストで三度再会を果たした彼ら、彼女らは

そのコンテストをキッカケに友情を深めていく…

thatgirlinpinafore_06.JPG

 

音樂を通じての交流が深まる中で各々に密かな恋心が芽生え

不器用ながらもその気持はゆっくりと確信の愛情へ変わっていく…

thatgirlinpinafore_07.JPG

 

何もが順調に進んでいると思われた時、佳明のバンド・Performance 中

持病で倒れる小梅。

その事がキッカケで小梅の母親に交際がバレて、ふたりは引き離されることに…

それでも、ふたりの想い強くなるばかり。

そして、突然訪れた小梅との別れ…

アメリカへの留学を強要された小梅は出国前日に佳明の元へ出向く。

久々の再会…ふたりの気持ちは強く結ばれアメリカとシンガポール離れたふたりの

恋愛は順調にいくかと思われた。

「数ヶ月後にシンガポールへ戻る」という突然の小梅の告白。

そのSurprise を樂しみにしていた佳明であったが、

その会話を最後に小梅はこの世を去ってしまった…

 

18年後、それぞれの道を進んだ彼ら。

そして、18年後に知ることになる真実とは…。

 

当時、シンガポールで流行していた臺灣歌謡の旋律が物語全体に

良いスパイスとして加わりいい味わいに仕上がっていた作品。

若干、物語としての表現が弱く感じる部分やメリハリ感がないと感じる部分が

少し残念な気がしますが… 

当時のシンガポールの雰囲気を味わえるにはいい作品でしたね。

特に音樂の部分は好きでしたね。

thatgirlinpinafore_08.JPG

 

また、シンガポールでも今後活躍が期待される若手が沢山出演。

特に仲良し3人組として登場する

陳欣淇(Julie Tan)、胡佳琪 (Jayley Woo)、胡佳嬑 (Hayley Woo) は

今後、要チェックっていう感じです。

 

なかなか日本で観る機会が少ないSingapore 映画。

面白い作品はこれからどんどん日本にも進出して欲しいものです。 

 

 

製作国 : Singapore

製作年 : 2013年

導 演 :  蔡于位 (Chai Yee Wei)

出演者 : 陳世維(Daren Tan),陳欣淇(Julie Tan),邱鋒澤(Kenny Khoo),余珈慶(Jiaqing Seah)

      胡佳琪 (Jayley Woo),胡佳嬑 (Hayley Woo)

時 間 : 115分

言 語 : 英語、中國語 

 

                                              (阿人) 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Singapore 映画導演 "蔡於位" (Chai Yee Wei) 作品をタイミングよく鑑賞です [星洲電影]

先週の土曜日(2012年 9月 1日) 出張先の大阪から自宅へ戻ると

香港通販Site "Yes Asia" から荷物が届いていました。

特に目玉のとなる作品というのは無かったのですが

今回もSingapore 映画を2本注文していました。

しかも、意外なことに今回注文した映画作品はこの2本だけ… 

Select 理由は単純にSingapore の作品だったと言う事。

Jacket からホラー系の作品だとは思っていましたが…

 

さて、週末の楽しみのひとつが土曜の深夜に放送しているTBS系の番組…

 『Asian Ace』

一時期 アジアをTheme にした情報系番組が多くTV で放送されていましたが

今は数少ないEntertainment 性の高い番組はこの番組ぐらいか…

特に東南Asia 取り上げてくれるのは。

そんな中、9月 1日、8日両日に放送される対決Theme は

日本とSingapore による 『ホラームービー対決』。

この対決の審査員にはSingapore 映画監督で馴染み深い監督のひとり

唐永健 (ケルビン・トン) 導演が出演。

さて、本編の対決というと日本代表には"白石晃士"監督。

1日の放送では白石監督の世界観満載の作品が放送されました。

対する8日放送されるSingapore 代表監督は…

 蔡於位 (Chai Yee Wei) 導演。

監督紹介のVTR を観てピンッときました。

今回購入した映画の映像と…

そして、改めて今回購入したDVD を観てみると2作品とも

 蔡於位 (Chai Yee Wei) 導演作品でした。

今晩の放送の前に彼の世界観をひと足お先に堪能です。

 

1作品目は…

 Title : 《撞鬼》 (英題:Twisted)

Chai Yee Wei_01.JPG

 

この作品の映像が紹介VTR に使われたのですが

ユーモラスな李國煌 (Mark Lee) の姿で気が付いた様なモノです。

Chai Yee Wei_03.JPG

 

本作、3つのShort Story からなるOmnibus 作品風のホラームービー。

ホラーと言いつつもコメディ要素もあり

サスペンス風の作品の感じもあり独特な内容の印象。 

Chai Yee Wei_02.JPG

 

3つからなるStory と書きはしたものの

登場人物の関係性などで3篇がひとつ作品につながっている感じが

面白い作品でした。

Chai Yee Wei_05.jpg

 

本作の購入の決めてはSingapore 作品という事と

あとは何と言っても出演者。

臺灣で歌手・俳優・モデル・司会等…

多方面で活躍する"Linda" こと廖語晴が出演していたところ。 

Chai Yee Wei_07.jpg

 

作品自体がどういった感じか分からなかったので

意外な役回りと演技に魅力的な印象でした。 

Chai Yee Wei_08.jpg

 

根本的にstyle の違う物語が上手く噛みあい

独特の世界観に染まっていたトコロは面白い作品でしたね。  

Chai Yee Wei_09.jpg

 

基本的に華人中心の話となっていますが

臺灣、香港、中國作品とは違って 

東南Asia という地域に根付く中國style… 

Chai Yee Wei_06.jpg

 

作品のGenre 上そのTaste が独特の雰囲気を醸し出して

怖さという点では弱ですが良く出来た面白い作品でした。 

Chai Yee Wei_04.JPG

 

因みにこの作品 9/14~9/23 から福岡で開催される

『アジアフォーカス 福岡国際映画祭2012』 にてSingapore 代表作品として

邦題 『ねじきれ奇譚(きたん)』 として上映されます。

これは日本での鑑賞のChance ですね。 

Chai Yee Wei_10.JPG

 

出演者 :李國煌、林冰冰、朱咪咪、李美玲、王駿

      賴力豪、梁祖儀、廖語晴、陳來翔、蘇智誠

上映年 : 2012年  

 

 

そして、次に観たのがこの作品。

 Title : 《還魂》 (別題:頭七還魂夜) (英題:Blood Ties)

Chai Yee Wei_11.JPG

 

以前から知っていたのですがナカナカ手を出し難かった作品。

内容は知らず…でも、ホラー系???って事で躊躇していた作品。 

Chai Yee Wei_12.JPG

 

個人的にはホラー系(特にスプラッター系) の作品は個人的に苦手なので

知った役者さんも出演していなかったので後回し、後回しっていう感じでした。

偶然にもタイミングってあるんですよね…

 

さて、本作は先に観た《撞鬼》 とはまたひと味違った作品。

ホラー路線にいかなくてもサスペンス系でも描けた感じ…

正直、サスペンス的な要素が強かったのであまりホラーっていう感覚は

後半まで観られなかった印象ですね。

何となく香港系の作品ぽい印象もありましたが

舞台となる街の雰囲気などSingapore の匂いは充分感じました。 

 

Story も良く練られ面白かったです。

兄夫婦の家に突然訪れた悲劇…それを目撃してしまう幼い妹・小琴(梁祖儀)。 

Chai Yee Wei_13.jpg

 

事件の真相は何だったのか…

兄夫婦の葬儀の日、小琴は兄・順 (梁凱迪) 遺体にある儀式を行なう。

死後7日… 小琴の身体に異変が起きる… 

Chai Yee Wei_15.jpg

 

次々に殺されていく事件の容疑者達。

彼らは誰に…そして、本当の事件の真相とは… 

Chai Yee Wei_14.jpg

 

90分という然程長くはない作品ですが

惹き込まれる内容は圧巻。

正直、見逃さなくて良かった…っていう感じです。

出演者で言えば、小琴役の梁祖儀(Joey Leong) は面白い役者さんでしたね。 

Chai Yee Wei_16.jpg

 

そして、個人的には順の妻・阿梅 役の陳美琪 (Maggie Tan) が魅力的な女性でしたね。

Singapore でモデルとして活動している方の様ですが

映像作品も色々と観てみたいですね。  

Chai Yee Wei_18.jpg

 

全体的には、ホラー的な怖さはありませんでしたが

新鮮な印象を受けた作品でした。

あと、Last に流れる 『Close To You』 が凄く耳に残りましたね。 

Chai Yee Wei_17.jpg

 

出演者 : 曾江、鄭佩佩、梁祖儀、梁凱迪

上映年 : 2009年

 

両作品とも大きなGenre 分けで言うとホラーになると思うのですが

なかなか味のある作品でした。

ふた作品が同じ監督の作品っていう印象はあまり受けませんでしたが

作品の雰囲気・空気感は好きでしたね。

 

さて、今夜放送される『Asian Ace』 の 蔡於位 導演作品。

どんな作品に仕上がっているのか今から楽しみです。

 

今後も蔡於位 作品 注目していきたいです。

 

 

 

 

                                                  (阿人)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Singapore 映画 《一泡而紅》 夢を追う若者のStory です… [星洲電影]

先日、期待して購入したSingapore 製作の作品です。

俳優として活躍する莊米雪 (Michelle Chong) が製作・脚本・監督・主演等を務めた

 Title : 《一泡而紅》 (Already Famous)        です。

alreadyfamous_01.JPG

 

2011年11月にSingapore で公開され

翌年(2012年) Malaysia 等でも公開された本作は、

臺灣から"小鬼"の愛称でお馴染みの黃鴻升を迎え

心あたたまるLove & Comedy 作品に仕上がっています。 

alreadyfamous_02.JPG

 

Story 設定等、自身が俳優であるMichelle らしい

細かい味付けがされていて

イロイロな意味で面白い作品でした。

alreadyfamous_03.JPG

 

Story を少し。

小さい頃からスターになることを夢見ていた少女…

成長し大きくなってもその夢は途絶えることはなかった。

Malaysia の小都市 Yong Peng (永平) の小さな電器屋でテレビを売る

阿嬌 (莊米雪) は暇さえあれば店のテレビでドラマを観ては

昔からの夢を追い続けていた…

alreadyfamous_04.jpg

 

そんな彼女を応援するのは一緒に暮らす祖母のみ。

モヤモヤした気持ちで暮らしていたある日

阿嬌は雑誌に載っていたオーディション記事を読み

夢を叶えるためにSingapore に行く事を決意する。

alreadyfamous_05.jpg

 

気持ち高らかに着いたオーディション会場。

しかし、Entry しようとした時

出場資格がないと追い返されてしまう…

理由はSingapore 國籍じゃないから…

 

希望を打ちのめされた阿嬌であったが

気持ちを切り替え芸能事務所等を回るが

全く相手にされない。

 

そのまま実家に帰れない阿嬌は

住み慣れない異國 (Singapore) で何とか職につき

夢を掴むChance を狙っていた。

 

しかし、慣れない異國での生活、

近づかない夢に焦る阿嬌…

 

 

臺灣から来たひとりの若者・阿盛 (黃鴻升)。

コーヒースタンドの助手として働く彼は何故Singapore に来たのか… 

alreadyfamous_06.jpg

 

その阿盛の前に現れたのが阿嬌であった。

毎日、出勤時にコーヒーを買いに来る阿嬌に

次第に惹かれていく阿盛。

alreadyfamous_07.jpg

 

そんなふたりの出会を基に

阿嬌の夢が動き出す。

夢の入口、エキストラの仕事を手にした阿嬌。

初仕事で幸運に恵まれたと思ったのだが…

alreadyfamous_09.jpg

 

 

芸能の仕事を幼い頃から夢見て阿嬌。

alreadyfamous_10.jpg

 

その夢を応援する阿盛。

そして、ふたりは…

alreadyfamous_11.jpg

 

Simple な話ではありますが

なかなか心温まる作品でした。

 

俳優さんが主導で製作した作品だけあり

Story もさることながら

要所要所に面白い場面が多かったですね。

 

仲良くなった 阿嬌 と 阿盛 の会話。

遊び心いっぱいのセリフが心に残る良いScene です。 

alreadyfamous_08.jpg

 

また、スターを夢見て芸能界に飛び込む話なので 

Singapore の芸能界の裏側を少し垣間見れます。

本音、建前…的なセリフやブラックジョーク的なセリフ…

そして、嫌がらせ… 

Singapore で活動するタレントさん(主に華人系) が

実名で登場しreality を演出しているトコロが面白いです。

 

また、個人的な感想になりますが

作品の中で面白いセリフの箇所が数カ所出てきました。

Singapore のお國事情的なセリフなのですが

今まで意識していなかった事なのでちょっと面白かったですね。

 

Singapore の作品を色々観ていますが

こういった描き方しているScene を観たことなかったので

目からウロコって感じでした。

因みにそのScene とは、Malaysia から来た阿嬌に向けた

ひと言 (ちょっと馬鹿にした様な表現) でした。

 

作品の華やかさから言うと

偶像劇的な印象もないことも無いですが

面白い作品でしたね。

 

収録されていたMaking 映像 (出演者Interview 等) を

観ましたが作品の面白さ倍増って感じでした。

 

Michelle Chong の才能感じる作品で

次回作も観てみたい感じでした。

 

 

導   演 : 莊米雪

出   演 : 莊米雪、黃鴻升

製作國 : Singapore

上映年 : 2011年 

 

 

                                                 (阿人)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の3件 | - 星洲電影 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。