So-net無料ブログ作成

TAMAGOこと”阿人”です。好きな中華圏エンタメについて気ままに発信。音樂、映画、ドラマ…雑誌に書籍...Event など…臺・香・中・星・馬...日本で活動する人まで

Event&Fan meeting ブログトップ
前の3件 | -

《台灣ダフル ~TAIWANDERFUL2015~ 》今年も開催...夏の夜の臺灣の祭典 (@恵比寿リキッドルーム) [Event&Fan meeting]

2015年 8月14日 (金) ...。

昨年に引き続き臺灣のカルチャーを思う存分満喫できるイベントが今年も開催されました。

 《台灣ダフル ~TAIWANDERFUL2015~ 》

 

会場も昨年と同じ東京恵比寿にあるライヴハウス"リキッドルーム"で

一夜の臺灣祭り開催です。

フリーで参加できるCULTUREの部と

有料 (一部招待制) のMUSICの部は昨年と同じ構成。

昨年の成功により一段と盛り上がりのあるイベントになりました。

TWL2015_01.jpg
TWL2015_02.jpg

 

CULTUREの部は15:30から開始。

食文化としては人気の"マンゴーチャチャ"がマンゴー冰を販売したり

恵比寿にある"京鼎樓"が小籠包を販売したり (朝7時から仕込みを始めたそうです)、

昨年同様、それ以上に臺灣の人気グルメ・ドリンクが楽しめました。 

サブカルとしては、臺灣の人気ドラマや映画を紹介するブース。

openちゃんなど人気ゆるキャラのグッズ販売ブース。

観光協会ブースや臺灣にゆかりある企業ブース。 

現在日本でも上映中の臺灣映画《共犯》 等を紹介する映画ブース。

臺灣でも人気の写真家・川島小鳥さんのプチ写真展。

そして、MUSICの部で出演するアーティスト等のCDを販売するブースと

臺灣関連のイベントは数あれどこれほど多方面から臺灣を味わえる

数少ないイベントに心高鳴りました。

 

基本的にはMUSICの部の開場時間(18:00) に間に合えばいいのですが

今回も開場前の15時過ぎに会場に到着し会場の雰囲気を堪能していました。

 

基本的に単独行動なのですが、やはりこの手のイベントに参加すると

会場では数多くの知り合いと出会います。

開場前の入り口で見かけた女性...どこかで見たことあるけど思い出せない...

なんて、事もありつつ会場にいれば一人でいることがなく時間は過ぎていきます。

 

開場後はMUSICの部開始までCULTUREの部を楽しんだのですが

ここでは予想外な出会いや光景を目にできるのがこのイベントの醍醐味の一つです。

例えばMUSICの部出演者が意外とふらふら歩いているとか…等。

TWL2015_07.jpgTWL2015_08.jpg

 

さて、まず自分が最初に向かうのは出演者のCD販売ブース。

過去に日本でライヴをしたことあるアーティストのCD とか含め、

最近ではなかなか手に入らないCD を数点物色し購入。

TWL2015_14.jpg

 

他のブースでは以前から欲しかった臺灣出身で日本で活動している杏窪彌(アンアミン)CDを見つけ

購入しようとしたら...販売していた女性が杏窪彌さん本人と気づき驚き!!

しっかりサインと写真を撮らせてもらったり、少しお話もできてラッキーでした。

TWL2015_04.jpg

 

映画《共犯》のブースでスタッフさんと話していたら、突然 閃靈のFreddy が取材のレポーターとして現れ

その様子を独占的に眺められたり...

目の前で閃靈のDoris が携帯いじっていたり...(さすがに写真は撮れませんでした...)

TWL2015_05.jpg
TWL2015_06.jpg

 

川島小鳥さんのプチ写真展会場(※)では、トークショーに参加する小鳥さんが現れ写真を撮らせて貰い

少しお話もさせてもらう等、かなり個人的に楽しませて貰いました。 

小鳥さんの人となりがかなり個性的で面白い魅力的な人でした。

TWL2015_12.jpg

 

因みに...開場前に見かけた女性は《共犯》のプロモーターのスタッフさんだったということは

映画のブースを訪れた際に思い出しました。

(映画の初日舞台挨拶の時にちょっとした対応をしていただいた方でした...) 

TWL2015_15.jpgTWL2015_16.jpgTWL2015_17.jpg

 

ライヴ前には血肉果汁機 (Flesh Juicer) が自分たちで物販ブースを出していたので

サインをもらいがてら彼らが持ってきたCDを購入。

凄い好青年って印象だったのですが、ライヴでは...そのギャップに驚きました。

でも、この時のことが後々面白いことになるなんて、思いもよりませんでした。

TWL2015_09.jpg

 

基本CULTUREの部はトークイベント等もあり、2階フロアは人で溢れかえっています。

かなりの盛況ぶりがうかがえました。

TWL2015_10.jpg
TWL2015_11.jpg

 

ライヴ前かなりのはしゃいでいた為、食事する暇なくMUSICの部の開場時間が迫ります。

慌てて会場のある1階に身を移し急いで食事を...

 

そうは言っても手軽に食べれるものということで"京鼎樓"の小籠包を購入。

あまりの美味しさに追加でもう一つ買ってしまったほど。

TWL2015_19.jpg

 

マンゴーチャチャではかき氷を食べる余裕はなかったのでマンゴービールと

なぜかこの日特別に販売していた香腸を購入。

「マンゴーソースかけますか?」と聞かれましたが、お断りしましたが...

TWL2015_18.jpg

 

そんなことしている間に入場の順番が回ってきます。

因みに今回会場では某CD ショップの店長さん(社長さん?) と一緒に行動しており、

彼の方が先に入場だったので場所取りをお願いし自分の番を待ちます。

 

さて、自分の番。ドリンク代500円を払い、ドリンク券をもらいチケットのもぎりへ。

入り口でリストバンドを付けてもらうと...今年もありましたオリジナルグッズのプレゼント。

荷物は増えましたがうれしいお土産片手に会場内へ...

TWL2015_03.jpg.JPG

 

お願いしていたステージ最前列の下手側端に陣取りライヴ開始を待ちます。

TWL2015_20.jpg

 

ライヴは19時スタートでしたが、18:30より出演者の一人であるDJ Mykai 林哲儀が

会場横のDJ ブースでプレイを開始。

ライヴ開始までの時間をDJ プレイで盛り上げます。

TWL2015_21.jpg

 

さて、ライヴ本番。

一組 30分の持ち時間。セットチェンジが15~25分という感じでライヴが始まります。

 

一組目は『拍謝少年 (Sorry Youth)』

なかなか個性的な感じのRock Band でトップバッターを飾ります。

TWL2015_22.jpg

 

そして二組目は『血肉果汁機 (FleshJuicer)』

かなり激しいMetal系 Band 。

かなり熱いステージで会場のVoltage も最高潮に!!!

TWL2015_23.jpg

 

そして、終盤にはSpecial Collaboration として

閃靈のFreddy、Doris、JesseとDJ Mykai 林哲儀が登場。

昨年同様にFreddy の日本語の挨拶では70年目の終戦記念日に期して言葉を。

そして、その為に用意された樂曲を披露です。 

TWL2015_24.jpg

 

そして、三組目のトリには『盧廣仲』が登場。

参加アーティストの中では系統が一番異なる彼でしたが

個性的で魅力的な樂曲・パフォーマンスを披露してくれました。

会場には彼のファンが一番多かったのかな...そんな感じでしたね。

TWL2015_25.JPG

 

セッティングの時間がちょっともったいない感じはしましたが

今年のライヴも大いに盛り上がった一夜になりました。

 

ライヴの最後には、TAIWANDERFUL のコンピレーション・アルバム購入者が参加できる

ライヴ出演者全員との握手会へ。

TWL2015_26.jpg

 

最後の最後まで感動を味わえたイベント。

Summer Sonic の臺灣組前夜祭的な要素も多分にありますが

間近で彼らのパフォーマンスを味わえる最高の場。

臺灣との文化交流の継続という意味でも、これからもずっと開催してほしいイベントです。

 

 

                                                        (阿人)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

炎亞綸 (Aaron) 日本語Original 1st Single 《MOISURIZING》 Release 記念イベント参加です 【@埼玉会場】 [Event&Fan meeting]

最近仕事が忙しく全然ブログの更新していませんが、時間を観てながら

相変わらず好きな中華エンタメを樂しんでいます。

 

ブログには掛けていませんが近々の話 (そうでも無いですが) だと

alan のConcert や臺灣のバンド 『宇宙人』 (cosmo people) の Live

Non-no 専属モデルの岡田紗佳さんのDVD 発売イベントや

日本で上映されている中華圏作品の映画鑑賞等…

また、このところ中國への出張が立て続けにあり現地でのTV放送を観たり

香港経由で現地に入っていたので香港で多くのCDやDVD を購入してくるなど 

中華圏エンタメの熱は冷めることはありません。

 

さて、 久々の更新は本日行われたイベントの事をタイムリーなうちに。

 

本日 2015年 3月21日 (土曜日・祝日) 埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウンで行われた

炎亞綸 (Aaron) の日本語Original 1st Single 発売記念イベントへ参加してきました。

先日 3月18日にRelease された Single 《MOISURIZING》 は

サウンド・プロデューサーに元JUDY AND MARY のTAKUYA 氏、

作詞にMITZ MANGROVE を迎えたかなり雰囲気のある樂曲です。

 

このSingle の発売記念イベントは東京・埼玉・大阪の3箇所で開催。

20日(金曜) には東京渋谷にあるマルイシティ渋谷で行われましたが

平日の17:00 スタートという事で仕事も休めず、本日 満を持しての参加となりました。

何気にAaron のイベント参加は3回目。

自分にとっては今後もイベントあれば参加することは間違いないでしょうね…。

 

Aaron にとっては初のイオンレイクタウンでのイベントですが

個人的にはここ数年行き慣れた会場です。

14:00 スタートでしたがCD販売が9:00から。イベント参加券の交換が11:00から

と、いう事で物販開始時間目指し会場に向かいました。

AARON_150321_01.JPG

 

早めに向かった理由は只ひとつ。

購入イベント特典のひとつである2ショット撮影の為の予備券を貰える

ポニカ(ミュージックカード) を購入するため。

AARON_150321_02.JPG

 

限定数量販売ということで急いで行ったのですが…

AARON_150321_03.JPG

 

結局 会場には9:30 頃に最寄り駅に到着。

急いでイベント会場であるイオンレイクタウン KAZE 1F 光の広場へ向かいます。

会場では既に物販に並ぶ列ができており、その最後尾に身を置きます。

心配しながら様子を眺めますが問題なくポニカ (3種類) の購入が出来ました。

事前に通常盤と初回限定盤のCD を各1枚購入しており、イベント参加引換券を持って来ていましたが

追加してCD 2枚もあわせて購入します。

AARON_150321_04.JPGAARON_150321_05.JPG

 

1st mission 完了で次のmission である参加券引き換え時間まで時間を潰し

11:00 に再び会場である光の広場へ戻ります。

定刻の時間に合わせてきたため、会場は引き換えをする人で長蛇の列。

多少時間が掛かりましたが無事に参加券を入手し長い待ち時間に突入です。

因みに今回のイベントですがコースが3つ、

 Aコース : 予備券 1枚で 『頭なでなで会』

 Bコース : 予備券 2枚で 『握手・サイン会』

 Cコース : 予備券 2枚 + Cコース予備券で 『ツーショット撮影会』

自分はBコースとCコースの参加券を1枚ずつGETします。

 

落ち着いて会場を見渡すとWGS ファンの姿もちらほら…

でも、断然に女性ファンの多い会場であることは言うまでもありません。

 

ちょっと早めの食事を取って会場に戻ると人影は疎ら。

再集合時間まで時間があってのことですが…

なんとなく限定発売との触れ込みだったポニカの状況が気になり物販会場へ観に行きます。

すると未だ結構数がある事を確認。

折角な機会だし資金的にも若干余裕があったのでツーショット撮影会に出来る分のCDとエポカを

1Set 追加購入し最終的にBコース ×1、Cコース ×2の参加券を手に

イベントへ参加することになりました。

AARON_150321_06.JPG

 

 会場ではお馴染みの知り合いと『宇宙人』 ライブ以来の再会となり

イベント中一緒に観覧することになります。

 

さて、13:20 より優先鑑賞エリア入場開始が始まります。

自分もCD 購入時に優先鑑賞エリアの整理券を貰いましたが

優先鑑賞エリアで鑑賞するつもりは無かったので入場整理が終わるのを待ちます。

入場整理開始から20分程して整理が落ち着くと後方の一般鑑賞エリアに身を置きます。

 

するとステージ横のエリアに見覚えあるStuff さんを発見し挨拶に行きます。

※WGS のマネージャーをしていた人達です

その後は間近に狭たイベント開始時間を待つだけです。

AARON_150321_07.JPG

 

ですが、ここでアクシデント発生。

交通渋滞でAaron の会場入りが遅れイベント開始は30分遅れの

14:30 過ぎに始まります。

 

会場入りしたAaron の姿を観た会場の観客からは黄色い声援が。

仕切り直しでイベント開始の前説が行われステージにようやくAaron 登場です。

 

司会の女性による進行で新曲の話をするAaron 。

日本語、中國語、英語を交えた独特なAaron の語りで会場は湧きます。

開始時間が遅れてせいでは無いとは思いますが

急ぎ足で進むトークコーナーは10分あったかないかって感じでしたが

待ちに待った『MOISURIZING』 披露で短い時間ながら樂しめた時間を過ごせました。

 

でも、本番はこれからです。

Aaron と間近でコミュニケーションを取れる樂しい時間が開始です。

イベントは『頭なでなで会』、『握手・サイン会』、『ツーショット撮影会』 で進みます。

 

『頭なでなで会』 は様子を観ているだけでしたが、かなりいい感じのスピードで進んでいったので

待ち時間は少ないかな…と思いましたが、そんな事は大間違いでした。

 

『握手・サイン会』に移行すると係員の手違いからか

自分が並んでいた列が意外と早いタイミングで動いていき

待ち疲れなくサイン会突入です。

自分の少し前の人が大量にサインを貰っていたことで

ステージ上で待ち時間が出来ましたがいい意味での心の準備が整います。

次に自分の番になったトコロでサインを書いて貰うJacket をStuff さんに渡します。

そのStuff さんとは顔見知りの人でちょっと話し込んでいたらいつの間にか自分の番に…

自分の次に控えていた知り合いの話だと

Aaron に声を掛けられたらしく、無視したカタチになった様で心がちょっと凹みます。

そんなチョットしたミステイクはあったものの

サインを貰った後にAaron にかけた言葉に反応良く返してくれたAaron 。

左手を差し出されてちょっと焦った握手でしたが この日最初の接触はあっという間に終了しました。

AARON_150321_08.JPG

 

次に『ツーショット撮影会』ですが自分の番になるまでかなり時間がかかりました。

『ツーショット撮影会』 の途中、Aaron が会場を中座して一次中断なんて場面もあったり…

結局 列に並び1時間近く待ってようやく自分の番が訪れます。 

最初は1枚づつ参加券を渡して2回参加しようと思いましたが

思った以上に時間がかかっているので同時に2ポーズ撮ることとします。

 

待ち時間にどんなポーズにするか悩んでいましたが結局無難なポーズになりましたが…

AARON_150321_09.JPG

 

撮影後の寫眞を確認すると、1枚がおもいっきりピンぼけ。

係員の人に話をして撮り直しになり本日 3度目の接触となりました。

差程、時間も経っていなかったからか

一緒に取ったポーズを覚えてくれており撮り直し。

AARON_150321_10.JPG

 

自分は17:10 過ぎに会場を後にしましたが

イベントは未だ終わりそうにない雰囲気でした…。

 

いつもながら感じる事はFan の接し方が非常に丁寧に感じる Aaron 。

短い時間ながら本人に接することで人の良さを本当に感じます。

今回も樂しい時間を過ごせました。

 

個人的にはもう一曲ぐらい聴きたい感じでしたが

今年も日本での公演を心待ちにしたいところです。

 

 《MOISURIZING》

AARON_150321_12.JPG

 【通常盤】

 Track 1 :  MOISURIZING 

 Track 2 :  SKYWALKERS 

 Track 3 :  MOISURIZING (Instruments) 

 Track 4 :  SKYWALKERS (Instruments) 

AARON_150321_11.JPG

  【初回限定盤】

 CD 

 Track 1 :  MOISURIZING 

 Track 2 :  SKYWALKERS 

 DVD 

 Track 1 :  MOISURIZING [MUSIC VIDEO] BEHIND SCENE 

 

 

 

                                                        (阿人) 


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

♪ 林育羣 (リン・ユーチュン) 《Winter Gift》 日本語Cover Album 発売 & Release Event in 越谷 [Event&Fan meeting]

本当に久々の更新になりますが…

忙しい仕事の傍ら相変わらず中華圏エンタメで気分転換を図っています。

そして、約1年ぶりに日本でイベントを行う彼に会ってきました…

 

2014年11月 5日に2枚目となる日本語カヴァーアルバムをRelease した

小胖こと 林育羣(リン・ユーチュン) のRelease イベントへ行ってきました。

 Title : 《Winter Gift ~リン君からの贈り物~》

20141109_04.JPG

 

と、称したNew Album はXmas・Winter Song をカヴァーした

これからの時期にぴったりな内容。

サンタクロースの衣装に身をまとった小胖が印象的な1枚です。

勿論、その歌聲は期待を裏切りません。

 

今回のRelease にありイベントが行われたのは大阪と東京(実際は埼玉) の2箇所。

自分は11月 9日の東京会場で行われたイベントへ参加しました。

20141109_01.JPG

 

当日のイベントは13:00 と15:00 の2回。

会場となったのは越谷レイクタウン Kaze 1F 光の広場でした。

ここ数年出向くことの多かったレイクタウンですが光の広場でのイベント参加は初めて…

開始時間1時間前を目処に会場へ向かいます。

 

11時半頃会場に到着し、一路会場に向かいます… が、いまいち場所が分からず2F を歩いていると

何処かしらから小胖の歌聲が… 吹き抜けになったエントランスの周りを囲む様にあつまる人々…

その隙間から覗いて見てみると丁度真下が会場でまさにリハーサル真っ只中でした。

1Fへ降りて行き先ずはリハーサルを見守ります。

20141109_02.JPG

 

リハながらその歌聲に集まる観客… やはり人気番組に出演している小胖だけに

多くの人に認知されている感じが伺えました…

 

約1時間後の本番の告知を行った後に一旦楽屋へ引き上げる小胖を見送り

一旦食事に向かいます。

Stage 前に用意された客席は到着時点では既に埋まっていたので

食事後 会場に戻ってからは比較的観覧しやすい場所を探して身を置きます。

20141109_03.JPG

 

12:30 になるとイベント参加券付きのCD発売開始。

今回のイベントはCD 1枚購入で参加券 1枚が貰え

小胖とのツーショット撮影かCD ジャケットにサインの選択制でした。

 

CD 購入者の列が落ち着いたトコロで自分もCD を2枚購入。

ツーショットとサインの二本柱でイベント参加です。

20141109_05.JPG

 

さて、今回のイベントでも特に注意事項もなく定刻時間を少し過ぎてイベントが始まります。

会場に到着した小胖の姿… なんとCD ジャケット同様にサンタクロースの格好で登場です。

20141109_06.JPG

 

よくよくイベント告知を見てみると 『リン君サンタがやってくる!!』 と題しており

少し早いXmas気分を演出するイベントになっていました。

 

イベントは① Mini Live ② ツーショット撮影会(特典会) ③ サイン会 の順で行われ

1,2回のMini Liveでは曲構成を変えて会場を樂しませてくれました。

20141109_07.JPG20141109_08.JPG

 

【Mini Live / Set list】 

★ 1回目

 M-1 『ジングルベル』

 M-2 『冬がはじまるよ』

 M-3 『All I Want For Christmas Is You』

 M-4 『冬のファンタジー』 with Cousin

 M-5 『サイレント・イヴ』

20141109_09.JPG

 

☆ 2回目

 M-1 『ジングルベル』

 M-2 『All I Want For Christmas Is You』

 M-3 『白い恋人達』

 M-4 『冬のファンタジー』 with Cousin

 M-5 『逢いたくていま』

20141109_12.JPG

 

定番のXmas Song から始まったイベントは小胖の人柄溢れる感じで始まります。

昨年のイベントの際に増して日本語が上手くなったと感じるMC …

今回のRelease に向けて約1ヶ月の日本での滞在中に日本語学校に通ったという

成果が存分に発揮されます。

お茶目に「CD を買って下さい」とアピール姿はお茶目でしたね。

20141109_13.JPG20141109_14.JPG

 

さて、Live ですが緩急を交えた樂曲のSELECT で色々なTaste の歌聲を聴くことができました。

何と言っても『All I Want For Christmas Is You』 圧巻のひと言につきました。

日本語の樂曲については「Original とは違う小胖風を樂しんで」と言っていたように

違った味わいの冬の名曲が小胖によってPerformance されます。

 

そして、Live の終盤にはAlbum にも参加しているCousin が

スペシャルゲストして登場。

彼らのヒット曲 『冬のファンタジー』 を3人で歌い上げます。

20141109_10.JPG

 

彼のPerformance による熱気も相まって温度が高かった会場内。

サンタクロースの衣装も暑かったのか終始 水分補給・汗拭く小胖の姿が印象的でした。

また、進行はレコード会社の担当者が行い、息のあったところを見せてくれて

終始和やかなStage イベントは約40分という長さながら

時間以上に有意義な時間・内容で終わりました。

 

その後、特典会イベントに移行していくのですが

観覧スペースからStage の小胖に向けて年上の女性からの

熱狂的なアプローチに応える姿が印象的な場面も。

老若男女。幅広い層から認知・支持されている小胖でした。

 

さて、自分も特典会に参加しますが参加したのは1回目のMini Live 終わりの時だけ。

それでもまったりとしたイベントでは少し話もできて良かったですね。

20141109_19.JPG

 

昨年は貰えなかったサインも貰えてご満悦です。

そして、今回のAlbum 宣伝用のステッカーも可愛らしくて◎です。

20141109_11.JPG20141109_15.JPG20141109_16.JPG

 

小胖の歌聲を生で聴けるChance なんて日本にいたら滅多にないので

最高のイベントでした。

 

【収録内容】

Track 1 : 白い恋人達

Track 2 : 冬のファンタジー

Track 3 : 冬がはじまるよ

Track 4 : クリスマス・イブ

Track 5 : 恋人がサンタクロース

Track 6 : ロマンスの神様

Track 7 : Last Christmas

Track 8 : All I Want For Christmas Is You

Track 9 : ジングルベル

Track10 : 赤鼻のトナカイ

Track11 : 愛のうた

Track12 : 逢いたくていま

Track13 : サイレント・イヴ

Track14 : なごり雪

20141109_17.JPG20141109_18.JPG

 

Release イベント後、同じ衣装で渋谷でのPromotion 活動をしていた小胖の様ですが

また、近いうちに生歌を聴ける機会が欲しいものです。 

そして、今度はOriginal の日本語曲も聴いてみたい感じですね。

 

 

                                                 (阿人)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | - Event&Fan meeting ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。