So-net無料ブログ作成
検索選択

TAMAGOこと”阿人”です。好きな中華圏エンタメについて気ままに発信。音樂、映画、ドラマ…雑誌に書籍...Event など…臺・香・中・星・馬...日本で活動する人まで

元日なので・・・国立競技場に行きました。 [SOCCER]

2009年が始まりましたね。

個人的に元日と言えば国立競技場で過ごすのが恒例行事。言わずと知れた天皇杯 決勝戦の観戦です。

この習慣は1997年から始まったので丁度 13回目を迎えたわけです。

2006年だけは正月を台湾で迎えた為、台湾でNHKの放送を観ていましたが・・・。

 

ここ数年、天皇杯決勝の前座試合と言っては失礼ですが、全日本女子サッカー選手権大会の決勝も同時に行われる事になり会場時間が早くなったのが悩みの種。

10時半のKickoffに間に合わせる為、家を出発する時間も早いし・・・

年越しは起きていましたが、さすがに徹夜は苦手なので1時過ぎに就寝。5時半過ぎに起きて6時半に会場に向けて出発します。

自宅から国立競技場まで約2時間。9時前にJR千駄ヶ谷駅に到着です。幾分、人手が少ない感じを受けながら会場である国立競技場に向います。

天皇杯 決勝戦のカードは、ガンバ大阪×柏レイソル。特にどちらも贔屓のチームではないので、全日本女子 決勝のカードで観戦場所を決める事に。一応、ホーム側 自由席を購入しているので、千駄ヶ谷門に向います。

千駄ヶ谷門は、ガンバ大阪のサポーターで溢れていますが、入場列が3列の折り返し程度でそれ程混雑は感じない。最後尾のプレートを持つ係員に会場時間を聞くと9時半との事。それにしてはヤハリ客足が遅い感じが・・・。昨年はもっと人が多かった様な気がします。

日本女子選手権のカードは、日テレ・ベレーザ×INACレオネッサ。勿論、後援会にも入っている日テレの応援です。日テレはホーム扱いであった為、千駄ヶ谷門側でよかったので一安心。

 

9時半丁度に開場が始まります。荷物Check等あり多少時間はかかりましたが、スムーズに入場できた事は◎です。

入場後、天皇杯と日本女子選手権の大会プログラムを購入し、観客席に向います。

ガンバ・サポーターの中心に近いところは避けたかったので、メインスタンド側に席を探しますが、客席エリアの規制をしていたセイか最前列付近の客席は既に埋め尽くされ程よい席を探すのに苦労します。

前方の照明とポールが邪魔ではありましたが、前列エリアの中腹で階段脇の席を選びます。

日テレ用のサポーター席が、バックスタンド側に隔離され用意されていましたが、取り合えずそのエリアを遠くから眺める感じとなりました。

ホーム側スタンドは、日差しが強く照りつけ上着が邪魔に思うほど快適な感じでした。

 

程なくして日テレの選手がアップの為にグランドに登場。客席に向ってサインボールを投げ入れます。

日テレサポのエリアより、ガンバ・サポが多いエリアにボールが多く投げ入れられていたので、Fanにとっては複雑だったと思います。

アップが終わると、一旦選手はロッカーに引き上げます。10時20分頃、登場のファンファーレに併せFAIR PLAY フラッグの後から、審判団及び選手が登場してきます。

10時半 Kick Off。女子の頂点を決める試合が開始されます。

試合は大方の予想通り日テレ・ペース。スタメンの登録選手を見たときFW登録選手が4人いてビックリしましたがバランスは悪く無かったですね。

前半、上手いコンビネーションからMF 小林選手が先制。PKで追加点を取ると余裕の展開に・・・この時、INACの選手が退場に・・・。これである程度試合が決まったような感じを受けました。

090101-01.jpg

 

後半は、選手の入れ替えなどをして4点差にしましたが、終了間際 1点返され 最終的には4-1で日テレの勝利に。

表彰式はいつ観ても感動的な瞬間です。敗れてしまいましたがINACの選手の姿にも感動を覚えました。

日テレの表彰台には登録選手が全員上がったみたいですが、この試合登録外であった四方選手の姿もあり最後の餞になったな~と、考え深かったです。

グランド上での胴上げ、サポーター前での優勝挨拶。サポーターがこの試合で引退となる3選手(小野寺・加藤・四方選手)に向けたメッセージと花束は感動でしたね。

さあ、これで元日の楽しみは終わりました。

 

天皇杯 決勝は、個人的にはオマケ的な感じでしたが、久々に面白い試合でしたね。結果は最後の最後で勝負強さが出た感じでしたが・・・。

2試合共、年明け最初で最高の試合でしたね。今から09年度の開幕戦が楽しみです。

 

                                                  (阿人)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこリーグ 第21節 日テレ×TASAKI 観戦記 [SOCCER]

久々にサッカーについて・・・

今日、なでしこリーグの最終戦を観戦に駒沢競技場に向かいます。なかなかBlogにはアップしませんがボチボチ観戦に出向いています。先週も出向いていますが、途中で退散してしまったので楽しみにしていました。今日の試合、色々な意味で考え深い特別な試合であったことも付け加えておきます。

今日は天気もよく、自宅近くでは若干寒い感じがしましたが、会場の駒沢オリンピック公園は日差しが照りつけいい感じの秋晴れでした。ロンT・トレーナーダウンベストという比較的軽装でも十分。公園内の施設には色々なスポーツを楽しむ人。公園内を周回するジョギングする人の群れや、公園に遊びに来た家族づれ、ダンス大会でしょうか自分の出番を待つ団体、トレーナーと一緒にボクササイズ女性、オマケに女性モデルでの撮影会の団体。いろんな人達がそれぞれの楽しみのために訪れています。

試合開始2時間前に到着。まだ開場もできずに公園を散策です。敷地のイチョウもいい感じに色づき始め写真を撮っていると、TASAKIの選手を乗せたバスの会場入りに出くわします。バスが向かう駐車場にはテレビカメラが・・・。実は今日の対戦相手のTASAKIは、今後休部に伴い来シーズンの”なでしこリーグ”から退会することに・・・今日が最後のリーグ戦になるからでした。神妙な面持ちで選手がバスから降りてくるところを遠くから見届けます。バスからは取材でしょうか、テレビカメラも降りてきます。

その後、入場の列に並びますが、やはり最終戦の勇姿を見ようと地元関西(神戸)方面から団体でサポーターが訪れています。今日の観戦、久々に10年来の仲間と一緒に観戦です。サッカー観戦時はほとんど一緒と言って過言ではないほどの相手なのですが、今年は諸事情があり1月1日の天皇杯決勝以来の観戦となりました。って既に年末ですが・・・。相方がTASAKIのマフラーで応援したいと言うので、センターサークルよりTASAKI側の座席を選び陣取ります。開始時間が近づくにつれ増えていくTASAKIのサポーター。観戦席がTASAKIのチームカラー・ピンク色に染まっていきます。試合開始前、サポーターのリーダーが今までの思いを観客席に向け訴えます。自分も似た経験を10年前にしています。なんか寂しい気持ちでピンクのユニホームを見守ります。

TASAKIにとっての最後の90分が始まります。出だし お互いに激しいプレスの試合展開に。TASAKIが優勢に試合を運んでいましたが、どちらかというと日テレにボールを持たされている印象。後半大丈夫かな・・・と、思いながら見ていました。前半は1-1 お互いに点を取り合い後半へ。

後半、思っていた事が現実に・・・。TASAKIの運動量が落ち、日テレペースに・・・。失点を重ねるたびに浮き足立ったように見えるTASAKIイレブン。以前の強かったTASKIを見ることはできませんでした。試合途中、主審が足をつり、交代するハプニングも。それだけ激しい試合だと言うことを物語っています。最終的には4-1で日テレの圧勝。なんか普段応援している日テレの勝利ではありますが、すこし感傷的になってしまいました。ホント最後の試合、ピンク色のユニホームが見納めかと思うと寂しいものです。

その後、もう1つ寂しいことが。日テレに今シーズンで引退する選手が・・・。GK 小野寺志保選手・MF 四方菜穂選手・MF 加藤與恵(旧姓:酒井)選手の3選手です。いずれも思い入れの強い選手ばかりです。特に四方選手、ここ数シーズン 試合やベンチに入ることも少なく寂しいものでした。足に見られる痛々しいテーピング・・・。今シーズン、試合で活躍するシーンを見れて喜んでいたのですが・・・。

スポーツ選手、いずれは引退することは分かっていること・・・。でも、そのことをまじかにすると悲しいものです。今後、どの様な道に進むかはわかりませんが、これからの活躍を祈っています。

とは、言っても未だ今シーズン 全日本女子選手権が残っています。1月1日の決勝戦が楽しみです。

                                                  (阿人)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なでしこリーグ 第14節 日テレ×TASAKI 観戦記 [SOCCER]

今日、夢の島競技場へなでしこ観戦。日テレベレーザ(なでしこリーグ)の観戦はすでに6年になるだろうか。
以前の女子リーグは選手の家族や友達、熱心なサポーターやサッカースクールの生徒等、数えられる程しか観客はいなかった。
今や昔の面影が無いほど雰囲気が変わった。オリンピックや女子WCの出場を重ね、《なでしこ》称号を得てから人気に拍車がかかったと思う。
競技人気が上がることは大変いいのだが、個人的には以前の様な雰囲気が好きだった。
気軽にサッカー観戦を楽しめる意味で。今もスタンスは変わっていないが。

きっかけは単純。むかしTVKで観たリーグ戦の中継。それが当時の読売西友ベレーザの試合。
数年後、思い立って試合を観戦した。そこで魅力に嵌り習慣になる。

基本的に日テレ・ホーム戦の観戦が中心。日テレの試合が関西等で遠い際には、浦和千葉の試合を観に行く事もありますが、無理しない程度での観戦がもっとう。

観戦し始めたころから女子リーグの印象は変わらない。プレーが上手い。特に強いチーム同士の対戦なんかは格別。もちろん、多く試合を観ていると駄目な時もあるが全般的に面白い。もちろん勝負ごとだから勝敗はつきものだが…。

 080921-01.jpg


さて、観戦。

夢の島なんて何年ぶりに来ただろう…でも、あまり代わり映えしない感じ。

会場には試合開始一時間半前に到着。

既に開門している。珍しい…と、思いながらスタンドへ。

スタンドに続く階段を上がり係りの人からプログラムと抽選券を受け取る。今試合欠場選手がたまる売店を横目に、好きな場所を陣取る。

雲行きが怪しい…。屋根の下の席に決定。ここなら写真撮影もそこそこイイ感じ。

トイレに行こうと思ったら、一度会場の外に行く羽目に…。

又も選手を横目に階段を下る。その選手の中に荒川選手発見。
今日、試合出ないんだ~と思いつつ試合開始を待つ。

試合開始が近づくにつれ空ゆきが益々怪しくなる。案の定、試合開始後に雨が…。

ギリギリ濡れない席にラッキーと思いながらも、毎度雨の中 頑張る選手達には頭が下がる。

立ち上がりあまり調子が上がらない日テレ。でも終わってみると5-0(2-0)と快勝。負けたTASAKIの選手も含め、雨の中ご苦労様でした。

080921-02.jpg



リーグ戦しばらく中断ですが、再開が楽しみ。

P.S.日テレの場合、毎年若い選手が1,2名トップチーム(ベレーザ)上がって来る。みんなホントに若い。下手すりゃ自分の子供といっていいぐらいの年の選手もチラホラ・・・。ちと悲しい・・・。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。