So-net無料ブログ作成

TAMAGOこと”阿人”です。好きな中華圏エンタメについて気ままに発信。音樂、映画、ドラマ…雑誌に書籍...Event など…臺・香・中・星・馬...日本で活動する人まで

《台灣ダフル ~TAIWANDERFUL~ 》 2014年夏 特別な日となったひと夜の祭典 [Event&Fan meeting]

2014年 8月15日…

日本にとっては忘れられないこの日に特別なイベントが開催されました。

臺灣の音樂を日本の人にもっとして欲しい…

その他の文化を知ってほしい…

ここ数年日本でも旅行や食文化の面で注目を集めていた臺灣。

違った側面でも臺灣をアピールしようと「台灣文化部影視及流行音樂産業局」主催で行われた

台灣好きC-Pop 好きには堪らない一日限りのお祭りが

東京・恵比寿にあるLive House "恵比寿 リキッドルーム" にて行われました。

20140815_taiwanderful_01.JPG

 

メインは19:00 スタートのLive となるのですが

会場では16:00 から臺灣の文化を紹介する為のイベントもあり

臺灣を知ってもらう大盛り上がりのイベントとなりました。

 

このイベントはどちらかと言うと多くの人に臺灣のサブカルチャーを知ってもらう

主旨のイベントであるため

普段から臺灣の事が好きで音樂や映画等のコンテンツを樂しんでいる人間が

ターゲットではないかもしれませんが

日本でのエンタメ中心の臺灣イベントという事で大いに樂しませてもらいました。

20140815_taiwanderful_02.JPG

 

会場へは開場時間(16:00) より若干早めに到着し入り口で開場を待ちます。 

入り口には臺灣料理のFoodcar が仕込みの準備をしています。

会場にはライヴ出演者である閃靈樂團 (Chthonic) Fan の姿が多く見られ

中には臺灣好きという感じの年配の人など幅広い世代の人が

時間経過と共に集まってきます。

20140815_taiwanderful_03.JPG

 

ライヴ以外は会場開放のフリーイベント。

臺灣のデザート店等の出店もあり会場内はさながら縁日の賑でした。

16:00 定刻になると入場が開始され先ずは開放フロアとなった2階へ。

20140815_taiwanderful_04.JPG
20140815_taiwanderful_05.JPG

 

フロア中央にある小さめなStage では数回に分けてStage イベント (トークショー) が。

その壇上には臺灣のゆるキャラ (OPENちゃんやタイワンダー) のトークショーや

臺灣映画を語ろうというコーナーでは臺灣映画ではお馴染みな歌手 中孝介が登壇するなど

魅力的なプログラムが用意されていました。

20140815_taiwanderful_06.JPG

映画ブースとしては2点。

来年日本公開の話題作 《KAMO》 の撮影衣装であるユニホームの展示。

20140815_taiwanderful_07.JPG

 

来月日本公開される蔡明亮導演作品 《郊遊》 (邦題:ピクニック) のブースでは

チケット販売も… この日に併せて用意したOriginal の特典も。

20140815_taiwanderful_08.JPG20140815_taiwanderful_09.JPG

 

食文化としてはマンゴー氷や臺灣啤酒、滷肉飯 等も味わえました。 

開演時間前まで臺灣を存分に味わえる時間となりました。

 

決して広いとは言えない開放スペースには多くの人が訪れ

各々会場でのイベントを樂しんでいる様子。

OPENちゃんが会場を徘徊したり、リハに向かう出演者に遭遇したりと

普段のイベントとはひと味違った時間が流れました。

 

会場では出演者のCD も販売されていましたが

既に購入していたのでスルー…  Chthonic のCD を購入するとポスターが貰えた様ですが

今回のイベントで製作されたポスターであれば欲しかったと少し後悔です…。

そして、高雄で起きたガス爆発事故の為の募金コーナーも。

 

今回のイベントはChthonic のFB をCheck していて知ったイベントでした。

チケット販売開始と同時に申し込み整理番号が『5』 番とラッキーな番号を入手していました。

20140815_taiwanderful_11.JPG

 

入場は整理番号順だったという事で

中孝介が壇上したイベントは残念ながら見れず入場開始の18:00 を待ちました。

開場時間近くになると多くの参加者で1Fロビーは人で溢れます。

今回は前売り券、当日券、SUMMER SONIC 2014 のチケット所持者はフリー入場出来たことで

多くの人が集まったのはいいのですが 

入場告知がなかなか出ないので少し苛立ちを感じます…

20140815_taiwanderful_10.JPG

 

リハーサルが遅れた事もあり開場の時間が遅れはしましたが

整列入場という事で早めにLive 会場に滑り込みます。

但し、驚いたのは電子チケット含めて同一番号が複数あったことでしょうか。 

 

入場時にドリンク代500円と引き換えにドリンク券と再入場用のリストバンドを巻かれます。

20140815_taiwanderful_13.JPG

 

そして驚いたのがイベントロゴの入ったタオルを渡されたことでした。

2階イベント時に関係者が同じタオルを持っておりどこで売っているのか気になったモノが

プレゼントされるなんて…

しかも、生地もよくこの様なイベントで販売すれば1,500円はしそうなモノでした。 

20140815_taiwanderful_12.JPG

 

そんな事からこのイベントに力を入れている主催者側の思いが伝わってきました。

 

さて、今宵の出演者ですがイベント翌日から東京・大阪で行われる夏フェス "SUMMER SONIC 2014" に

出演する臺灣のバンド…

閃靈樂團 (Chthonic) 、宇宙人 (Cosmos People)、

阿飛西雅 (APHASIA)、濁水渓公社 (LTK コーミュン)の4組が出演しました。

※ 実際にサマソニには五月天等の臺灣のグループは出演しています

 

個人的にはChthonic と宇宙人は知っていましたが

どの出演者も生で演奏を聴くのは初めてでPerformance がやはり一番の樂しみでした。

自分はStage 向かって左側少し中央寄りの最前列で鑑賞です。

後悔したことは目の前にスピーカーがあり後の数日間左耳が調子悪かった事でしょうか。

20140815_taiwanderful_14.JPG

 

いずれの出演者もバンドなので出演の切り替えのSetting 含め持ち時間40分程度。

約2時間半の臺灣night が定刻時間より若干遅れて開始されました。

 

出演順は① 濁水渓公社 ② 阿飛西雅 ③ 宇宙人 ④ 閃靈樂團

4組4様の音樂STYLE で会場を盛り上げます。

 

どのバンドも日本語でのMC は堪能ではないのですが

各グループで個性溢れる会場とのやり取りは微笑ましい感じでした。

会場内には臺灣の観客も多く日本にいながら臺灣のライヴハウスを感じる場面も垣間見れたのは

ライヴハウスというStage と客席の距離感がいい効果に現れたのだと思います。

 

1. 濁水渓公社

 臺灣語によるロックバンド。

 何処と無く哀愁ただよう福建歌謡を思わせる樂曲が臺灣ぽくって面白いバンドでした。

 意外と樂曲にハードな面も見られ見た目の印象とは違ったギャップが良かったですね。

20140815_taiwanderful_15.JPG

 

2. 阿飛西雅

 インスト系のバンド。

 女性Bassist の存在が妙に印象深かったですね。

 臺灣にもインスト系のバンドがあるんだ…と、改めて認識した感じでした。

20140815_taiwanderful_16.JPG

 

3. 宇宙人

 待望の日本Original CD (Selection + 新曲) をRelease し、日本のStage へ現れた

 Pop な雰囲気が魅力なRock Band 。

 数年前からあるブロガーさんが絶賛していたのですが、あまり興味なく聴いていなかったのですが

 聴いて納得。爽やかな樂曲、透明感あるVocal が魅力な3人組でした。

20140815_taiwanderful_17.JPG

 

 演奏面だけでなくStage Performance も面白く、臺灣でも人気があることが出来る感じでしたね。

 多分初公開(?) 日本版のCD に特別収録された『幸せな結末』 を披露するなど

 今後 日本での活動を期待してしまう内容でした。

20140815_taiwanderful_18.JPG20140815_taiwanderful_19.JPG20140815_taiwanderful_20.JPG

 

4. 閃靈樂團

 臺灣好きと言うよりはヘヴィメタFan にお馴染み臺灣発 シンフォニック・ブラックメタル・バンドとして有名な彼ら。

 この日は特別にAcoustic Version でのPerformance を披露です。

20140815_taiwanderful_21.JPG

 

 ここ数年は毎年の様に日本公演を行っている彼ら。

 サイン会への参加はありますが機会なくライヴへの参加は出来ておらず、ライヴ映像を観ると少し躊躇してしまう

 感もありましたが当日のPerformance 感動的な印象深いモノとなりました。

 今日はいつもと違いAcoustic Live という事でロックポーズ封印。「讃 (Like)」 ポーズでと

 いつものChthonic Live との違いにFan もちょっと戸惑った感じでしょうか…

 そういう意味では普段は観れないPremium な内容になっていた事は間違いありません。

 終始リラックスしたMember たちの姿も印象的でした。 

 そして、最もPremium な内容となったのはLvie 中盤でのVo. Freddy の日本語でのメッセージ。

 偶然だったのか必然だったのか終戦記念日となったこの日。 

 日本語が得意ではないという事で凄く練習したであろうメッセージの内容をメモを観ながら読み上げます。

 内容は平和への誓の様な内容。

 彼らの持つ音樂性、そして彼らの思い精神が日本の地でしかもこの日に…

 不思議な巡り合わせを感じずにはいられませんでしたね。

 Live 終盤ではマーティ・フリードマンもゲスト出演し一夜限りの特別な夜は終了しました。

20140815_taiwanderful_22.JPG20140815_taiwanderful_23.JPG20140815_taiwanderful_24.JPG

 

後日の記事発表によるとイベントには1,000人を超す人が参加したとか。

ライヴ会場もいっぱいだったので大いに盛り上がりは感じられました。 

何かを好きになってその事を多く知りたくなる…

自分も音樂や映画を通して臺灣を始め中國語圏の文化や國に興味を持ったひとり。

臺灣のエンタメ (俗に言われる華流) はアイドルだけじゃない。

いろんな要素を含んでいるということを知ってもらうイベントが多く行われること、 

今後もこの様な活動・イベントが続いてくれることをエンタメ好きのひとりとして切に願います。 

20140815_taiwanderful_26.JPG

 

                                                  (阿人)


nice!(0)  コメント(0) 

Weather Girls (天氣女孩) 応援第七拾九彈 ~ ミニライヴ @ ポニーキャニオン篇~ [Weather Girls]

来る2014年 9月 3日に初となるBlu-ray 商品が発売される

臺灣から来たお天氣アイドル"Weather Girls" (天氣女孩) 。

最近は「臺灣美女軍団」と称されている彼女達…

去る 8月 3日に日本では約2ヶ月ぶりとなる単独イベントが行われました。

イベント内容は今回2回目となる『ミニライヴ』イベント。

単純に彼女達のPerformance を楽しむというイベントです。

イベント自体はミニライヴの他、定期イベント同様にハイタッチによるWGS による送り。

それに加えて9月 3日に発売されるBlu-ray 『CLIPS ♡』 予約会を加味した内容でした。

 

今回のイベント開始時間ですが日曜開催なのに19:30 開場、20:00 開演という

なかなか遠方居住者には辛い時間帯のイベントでしたが参加してきました。

 

遅い時間帯の開始、イベント中は撮影禁止という事もあり

開場へは遅めに向かいます。

日曜の午後、ある場所に出向いてから会場であるポニーキャニオン本社がある

東京・虎ノ門へ向かいます。

 

今回のイベントですが急遽決まったという事もあり入場に関して詳細な告知もなく

取り敢えず開場時間1時間半前を目安に会場へ向かいます。

 

そして、虎ノ門に着いたのは17:40過ぎだったでしょうか…

会場の様子を伺おうと一路ポニーキャニオンを目指します。

20140803_WGS_09.JPG

 

目的地目前の横断歩道に差し掛かると建物前には既に多くの面々が…

「流石、早いな…」 と、思いながら様子を見ていると

集まっている面々の怪しい行動が目につきます。

虎ノ門ヒルズ方向から歩いてくる誰かに手を振る姿が目に映ります。

「??? 知り合いかな?」 と様子を見ていると…

その手を振られていた人達から自分に向かって手を振ってくるではないですか…

よくよく見るとそこにいた女性3人は何とWGS のHi-JoN、Ria、Mia の三人でした。

「あっ」と、思いながらも信号が変わったのでポニーキャニオン側へ渡ると

「何で彼女達待ってなかったの?」 と、つっこまれながら

チョットしたニアミスを体験するのでした。

 

その後は会場前に集まっていた知人と談笑を始めます。

そんな光景の中、「何で撮影禁止なのにカメラ準備してるんだろう…」 と、疑念を抱いていると

Blu-ray 予約特典で何と「7秒間」 の撮影タイムがあったことをその時に知るのでした。

この日もイベント前の出先で寫眞撮影をする為、カメラは持参していました。

が… 荷物を軽くしたいがために珍しくミラーレスカメラであった為、

7秒間の撮影タイムにはちょっと不向きと事前確認を行った自分を悔やむのでした。

 

さて、ライヴイベント自体は撮影は禁止の為、入場順は特に気にせず

事前に整理券も配らないということだったので一旦その場を離れて食事に向かいます。

その後、会場に戻ってからが悩みの時間になるのでした。

 

この日のBlu-ray 予約イベント特典ですが

よくよく確認すると以下の様な内容でした。

20140803_WGS_02.JPG

 

1枚予約で好きなMember を選んで7秒間の撮影 (録画不可/ポーズ指定不可)

2枚予約で好きなMember を選んで2ショット・チェキ撮影 & ジャンケン・ゲーム

勝者は1分間の握手、敗者はおしりにハリセンを受けるという

前回のイベント内容にあったゲームが行われました。

 

単純な勘違いで1枚購入者は握手だけだと思い込んでした自分は

2ショットをMember ふたりと… の予算しか用意していませんでした。

イベント内容を再確認、話によるとこの日 初披露となる衣装で登場だとか…

悩んだ末に今回のイベントで用意できる限界の予算をつぎ込むことにしました。

20140803_WGS_10.JPG

 

開場時間30分程前になると入場待機列に係の人が予約申込書を配布開始します。 

結局、商品を6枚予約し個撮券 4枚、ツーショット券 1枚 を入手するのでした。

20140803_WGS_03.JPG

 

ちょっと気持ち的に晴れない部分はありましたが

久々のWeather Girls イベントという事で気持ち切り替え開場時間を待ちます。

 

定刻時間を少し連れ入場開始。

建物入り口で入場料を支払いいざ会場内へ。

会場は1F いつものイベントスペース。

20140803_WGS_01.JPG

 

流石に前方は詰まっているので落ち着いて見れそうな

会場端の席に身を置いてイベントを樂しみます。

 

ちょっと失敗したと思うのは中央に作られた花道沿いに身を置かなかったことでしょうか…

20140803_WGS_11.JPG

 

イベント開始時間になり待ちに待ったミニライヴが始まります。

登場したWGS の衣装は臺灣ではお馴染みのピンク色のチア風の衣装です。

初めて生で観る衣装、ヘアスタイルに新鮮さを感じつつ樂しい時間が始まります。

 

[Set List]

 M-1 『恋の天気予報』

 M-2 『Loving Pass ~恋のパスワード~』

 M-3 『恋はトキメキ注意報』

 M-4 『カミナリDay』

 M-5 『涙の雨』

 M-6 『Like You Anyway』

 M-7 『恋のラブ♡サンシャイン』

 E-1 『為我加油』

 

多少、日本語のMC が拙くなった感もありますが

個人的にはひとつのイベントでここまでの曲数を聴いたのは初めてだったので

約40分ぐらいの短い時間でしたが興奮抑えられないミニライヴとなりました。

 

Stage だけではなく、花道に飛び出してのPerformance 。

勿論、会場に集まった観客は彼女達を応援に来た人達ばかりなので

会場が盛り上がらない訳はありません。

 

個人的にはライヴの風景をカメラに抑えられないのは非常に残念ではありますが

初披露の曲(個人的に生で初めて聴いた?) もあり、

愉しい夏の一夜になりました。

 

さて、次の日は仕事であるため、

時間経過と共に気持ち的には余裕がなくなってきます。

ライヴ後、一旦彼女達が控室に引き上げハイタッチ見送り会の準備へ。

前方の座席からハイタッチ会 (退場) が開始です。

彼女達が再登場しハイタッチ会が始まります。

ゆっくりではないですが急ぎ感もない感じでハイタッチが始まり

ひと言ふた言話せる感じで列は進みます。

本当に久々っていう感じで間近での再会を樂しみます。

 

ハイタッチが終わりロビーに出るとBlu-ray の予約者の列…

その状況をすり抜け一旦会場外へ移動します。

 

再び、会場内へ足を踏み入れたのは予約会参加の際。

取り敢えず参加券を持っている人は再入場して下さいという感じで

準備が終わったイベントスペースへ足を踏み入れます。

 

Stage 上は中央で仕切られ

奥側がHi-JoN、Ria、ESSE、Mia の参加場所、

手前側がMiNi、YuMi、(NUe)2 の参加場所に…

 

最初は1枚予約特典の7秒個撮会から。

どのMember にするかは心の中で既に決定していましたが

いざ目の前に見慣れる衣装の彼女達が現れると気持ちが揺らぎますが

あと3枚予約するほど手持ちに資金がありません。

後々苦渋を味わうことになるのですが心に決めたMember の撮影のため

その列に身をきます。

 

とは言え、こういった撮影会にはあまり使用しないミラーレス一眼での撮影は

撮り直し出来ない緊張感で始まりました。

撮影に望んだのはHi-JoN、ESSE、Mia、MiNi の4人。

1回毎に並びなおしての参加になりますが、なかなかの緊張感で撮影を行います。 

正直、微妙な感じとなりましたがWGS のイベではなかなか無い撮影会樂しみました。

20140803_WGS_04.JPG20140803_WGS_05.JPG20140803_WGS_06.JPG20140803_WGS_07.JPG

 

その後、撮影会が終わるのを会場後方で見守り

次にツーショット撮影会の開始を待ちます。

 

ツーショット撮影会はいつもの定番になっているYuMi で。

参加者の列が作られ自分も身を置きますが

前に並んでいた人が列を離れたために先頭バッターになってしまいます。

まあ、よくあることなのでいいのですが…

 

チェキの試し撮り等、Stuff さんの準備が終わるとイベント開始です。

参加券を引き換え「誰と撮影を…」 の問に答えStage に上がります。 

20140803_WGS_08.JPG

 

先ずはチェキのツーショット撮影。

その後、ジャンケン・ゲームへそのまま移行です。

勝負前にもかかわらず冗談でお尻を突き出し罰ゲームを受けるフリをすると

尻ハリセンする気満々のYuMi 。

イベント内容がうまく伝わってない様子でStuff さんに確認するYuMi でしたが

話がややこしくなりそうだったので「開玩笑啊~(冗談だよ)」 と言って

仕切り直しでゲームを始めます。

ジャンケンの勝敗は… 自分の勝ち。60秒間の握手の権利を手にします。

 

至福の時間ではあるのですが…

何を話そうか相手は日本語苦手なYuMi だけに60秒は長い…

とは思っていましたが始まってしまうと中國語を交えた他愛のない会話の時間は

あっという間に終わってしまいました。

 

自分の番が終わっても暫くはイベントの様子を観れる感じでしたが

時刻は既に21:30過ぎ… 断腸の思い出会場を後にしました。

 

日本での活動が少なくなった彼女達ですが

その分イベントがあるとより樂しい時間が過ごせる大切な場面となりました。

9月に入ると再びミニライヴとBlu-ray の販売記念イベントが待っています。

平日に行われるミニライヴにはちょっと行けそうにないですが

イベントまであと一週間… 樂しみです。 

 

 

                                                      (阿人)


nice!(0)  コメント(2) 

V.A. 《他她他 ~ 3 Peas in a Pod~ 》電影原聲帶 2013年公開の星洲電影O.S.T. です [中華音樂]

最近はCD 化していなくてもDigital 配信のみで映画のサントラが発表されているモノが多い感じです。

特に告知も無いので偶然発見するっていうパターンが多いのですが今回の作品もそんなひとつ。

2013年11月 Singapore、2014年 1月にはMalaysia で公開されたSingapore 映画。

俳優である莊米雪の監督2作品目となる映画…

 Title : 《他她他 ~ 3 Peas in a Pod~ 》

3 Peas in a Pod_01.jpg

 

そのサントラがiTunes Store で配信されている事を先日知り早速Download しました。

配信は映画の公開と同時の様ですが日本での配信はいつだったのかは不明。

ですが、映画の主演をはるふたりの俳優は日本でも認知あるふたり…

飛輪海の辰亦儒 (Calvin) と元U-Kiss の亞歷山大·李·尤西比奧 (Alexander Lee Eusebio) 

映画自体も日本で話題になっていい作品かもしれません。

映画はAustralia を舞台にした青春群像劇。

臺灣からの留学生 Perry (辰亦儒)、Singapore の女の子 Penny (柳勝美)、

韓國酒店の2代目 Peter (Alexander) … 3人のP が卒業前に決めた旅行で揺れ動くそれぞれの想い…

育った環境の違う同世代の若者達が青春の1ページを綴った作品。

 

 

Soundtrack は収録曲こそ少ないですが作品の雰囲気を存分感じられるタイトルになっています。

 

【収録内容】

Track 1 : 我與你 (中文版) / 辰亦儒 (Calvin Chen)

Track 2 : You and I (Korean Version) / 亞歷山大·李·尤西比奧 (Alexander Lee Eusebio)

Track 3 : No More Maps, No More Roads / The Good China

Track 4 : 想著你    / Joshua Chia (謝億添)

Track 5 : 另一個他 / Joshua Chia

Track 6 : 選擇       / Joshua Chia

Track 7 : You and I (Instrumental) / Jim Lim

Track 8 : 我與你 (Instrumental)      / Jim Lim

 

主題歌となる 《You and I 》 は、主演であるCalvin と Alexander が

母國語 (中國語 と 韓國語) で唱うtrack が収録。

その他に映画の舞台となった Australia で活動するArtist "The Good China"

Singapore 出身のComposer "Joshua Chia" (謝億添)  の樂曲が収録されています。

iTunes Store でDownload すると主題歌の歌詞カードのデータも付いてきます。

 

https://itunes.apple.com/jp/album/ta-ta-ta-dian-ying-yuan-sheng/id736122493

 

7月にSingapore では映画のDVD も発売済み。

これを購入しようと今 動いていますが、それまでこれで映画の世界を樂しみたいです。

 

 

                                                    (阿人)


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。