So-net無料ブログ作成
検索選択

TAMAGOこと”阿人”です。好きな中華圏エンタメについて気ままに発信。音樂、映画、ドラマ…雑誌に書籍...Event など…臺・香・中・星・馬...日本で活動する人まで

Weather Girls (天氣女孩) 応援第七拾八彈 ~ 6th Single 《Like You Anyway》 発売記念イベント (川越篇)~ [Weather Girls]

既に1ヶ月近く経ってしまいましたが… 書かないのも落ち着かのないので遅まきながら…

2014年 6月 8日(日曜日)

この日、Weather Girls (天氣女孩) 6th SingleLike You [ハート] Anyway》 の

発売記念イベント埼玉川越市にある

イオンレイクタウンKaze "翼の広場" で行われました。

 

ここのところの通例としてリリース週に集中してイベントを行っているWGS 。

臺灣での活動が多くなった影響もあってか慌ただしい

イベント最終日は今回もお馴染みの場所となりました。

最近では來日イベント…と、いってもイイぐらい日本にいない彼女達。

母国での活躍に喜びを感じながらも何処と無く寂しさ感じる今日この頃です。

 

この日のイベントは休日開催ということで2回公演。

13:00 と 16:00 というスケジュールで行われました。

ここの会場はイベントスペースが観覧フリーの場所。

映画館等が収まった複合商業施設なのでイベント開始時間より早く会場へ向かいます。

大体9時過ぎでしょうか…会場に着いたのは。

ですが、ステージ前に用意された座席の最前列は略埋まった状態。

そんな中でも両端の最前列の席が空いていたので悩みながらも

ステージ向かって右端の最前列の席を選び場所取りしました。

前方に用意された椅子はいつもと違って高級感のある座席で

座るにはゆったりしている分 席数が少なくなっていた感じでしたね。

WGS140608_01.JPG

 

ようやく安心して席を確保出来ましたが

それからは開演時間まで只管待ち時間となるわけで… それもなかなか辛ものです。

時間経過と共に馴染みのFan が増えていきますが

既に席が埋まっている状態に困惑している様な人もチラホラいました。

自分も思うのですがどのくらい早く会場に来ればいい場所が取れるのか…考えてしまいます。

数名の知人と話で時間をつぶしますが

どうもいつもとは勝手違いの荷物の持ち方で食事へ出掛けることもままならず

急いでハンバーガーを買ってきて会場の座席で食事する有り様でした。

 

開演1時間前、会場に設置された販促会場の準備が整い

1回目のイベント用参加券付きのCD 販売が始まります。

今回のイベントの購入者特典はCD1品番購入で握手会参加。

2品番購入でCD Jacket サイン会+握手会。

3品番購入で8ショット撮影会+握手会。そして、特別特典応募券付き。

因みに8ショット撮影には自分のカメラ付き携帯電話かスマホで。

今回は1回目、2回目とも特典内容は同じでなのは

今作の販促用のポスターが作成されなかったためでしょう… 。

 

1回目用に購入したのは2品番+3品番を1セットずつ。

サイン会と8ショット撮影会の参加券を各1枚、そして握手会参加券2枚をGet です。

WGS140608_02.JPG

 

あとはイベント開始を待つだけです。

さて、本番直前にいつもの様にリハーサルが開始されます。

 

ステージ上に登場した彼女達は渋谷でのイベントと同じ

通常盤Jacket で着ている衣装で登場です。

 

リハでは『Loving Pass ~恋のパスワード~』 を披露。

彼女達の登場で観客増えた会場… 本番の予告を行い一旦控室に戻ります。

 

定刻の13:00 になるとこの会場独特な進行でイベントが始まります。

最初に彼女達の紹介があった後にWeather Girls が登場。

ミニライヴイベントが始まります。

 

1回目のセットリストは次の様な感じです。

 M-1 『Loving Pass ~恋のパスワード~』

 お天氣Performance (恋の天気予報 Version : (NUe)2 担当)

 M-2 『Tomorrow World』

 M-3 『Like You [ハート] Anyway』

 M-4 『為我加油』

 M-5 『恋のラブ[ハート]サンシャイン』

WGS140608_03.JPG

 

今回の撮影OK となった樂曲は5曲目に歌った『恋のラブ[ハート]サンシャイン』 。

水曜のイベントでは4曲しか歌わなかったので

『為我加油』 を歌い出した時に撮影OK の告知がでなかったので

ちょっと焦りましたが… 5曲も聴けるとは思わなかったのでラッキーでした。

WGS140608_04.JPG

 

イベント自体ですがやはり水曜日のイベント同様に

日本語でのMC がたどたどしくなった彼女達…

それでも愛嬌で乗り切る元気いっぱいのパワーは観ていて楽しくなります。

その中でもお天氣Performance ではメタメタ…

音樂が始まりのタイミングもが早かったり

地名を間違える等などハプニングあり気が余計ライヴ感を煽っていい感じでした。

彼女達がミスした時にマネージャーさんの顔を見るのが妙に樂しかったりします。

WGS140608_05.JPG

 

そんな訳でその後に待ち構えていた握手会では苦笑いのやり取りがあるのでした。

約30分のステージPerformance が終了し

購入者イベントへ移行です。

握手会、サイン会、8ショット撮影会の順番でイベントは進行していきます。

イベント最終日という事もあり参加者も多い印象です。

 

さて、握手会の参加の列に並ぶのですが

今回のリリースイベントから色々と規制が多くなり

プレゼントの手渡し禁止(徹底)、握手会時の手荷物を預ける等…

チョットした段取りがかわり考えていたことが出来なくなりました。

とは言え自分の番がくれば自分の考えていたことは実行します。

 

リリースイベントの翌週には木曜日Girl 誕生日が控えています。

そんな訳で先日のリリイベで話していた事を実行しようとその事をMia に伝えます。

ちょっと苦労しましたが何とか伝わりサイン会のタイミングで

Mia 用のプレゼントBOX に用意してきたプレゼントを収めます。

そして、握手会最後に待ち構えていたのは(NUe)2 …

ミニライヴ中のミスについてちょっと話していたらバツの悪そうな(NUe)2 でしたが

2回目の握手会の時、(NUe)2 に先制つかれある言葉をかけられ苦笑いです。

サイン会、8ショット撮影会を無事に済ませて1回目のイベントは終了しました…。

 

今回珍しく2回目のイベント開始まで1時間ちょっと時間が空きました。

2回目のイベント参加券入手のため、CD 3品番を購入し8ショット撮影会と握手券をGet したり

撮影した寫眞をチェックしたりしていたのですが…

そんな中、Facebook にアップした8ショット寫眞がピンぼけだと

臺灣人の友達より指摘を受けて慌てて撮影して貰った寫眞を確認します。

スマホの小さい画面で確認すると本当にピンぼけしていることが判明…

WGS140608_17.JPG

 

顔馴染みのポニーキャニオンのStuff さんにピンぼけの事を話すと

2回目の撮影時に撮り直しの承諾を貰うのでした。

 

16:00 。

2回目のイベントが開始されます。

ステージ横の控えテントの隙間からWGS の誰かの手が見え隠れしています。

1回目同様にWGS の紹介アナウンスの後

登場した彼女達は臺灣で作製された『為我加油』 MV で着ている衣装で登場です。

昨日の名古屋で日本初披露した衣装ですが

Sporty で爽やかな印象で新たな一面の彼女達を観た感じでした。

WGS140608_13.JPGWGS140608_14.JPG

 

2回目のセットリストは次のような感じです。

 M-1 『キミ予報』

 M-2 『為我加油』

 M-3 『HEY BOY ~ ウェイシェンモ? ~』

 M-4 『Tomorrow World』

 お天氣Performance (恋のラブ[ハート]サンシャイン Version : Hi-JoN 担当)

 ※Surprise コーナー

 M-5 『Like You [ハート] Anyway』

WGS140608_09.JPGWGS140608_10.JPG 

 

さて、2回目のイベントではFan 並びにStuff からのSurprise がありました。

それが本当に段取りなしのSurprise だったらしく

思い描いていた通りに進行出来なかったのは本当にガチだった事を印象づけました。

WGS140608_11.JPGWGS140608_12.JPG

 

そのSurprise とは6月が誕生日となるMia と MiNi へのお祝いでした。

WGS140608_15.JPG

 

WGS のStuff さんのSurprise はBirthday ケーキの準備と

お祝いの歌を会場の皆で合唱するというもの。

そして、有志のFan からのSurprise として会場の観客に薔薇が配られ

Surprise 後の樂曲で薔薇を振りながら応援をするというものでした。

 

が… Surprise のタイミングが悪かった感じです。

結構の時はお天氣パフォーマンスが終了して最後の1曲を唱うタイミングとなりました。

パフォーマンスの準備を始めたトコロで慌ててStuff がステージにケーキを持って登場です。

その様子に気がついたメンバー達が慌ててお祝いモードに切り替えます。

ふたりの為に用意されたケーキと祝福の歌聲…

「撮影OKです」ESSE の掛け声で会場の盛り上がりも最高潮になります。

WGS140608_08.JPG

 

もう少し早い段階でのSurprise と踏んでいたのですが

撮影OK ブロックと重なってしまい思惑が外れてしまった事は残念でしたが

皆の祝福に感激したWGS メンバー達でした。

WGS140608_16.JPG

 

CD 購入者特典イベントは握手会と8ショット撮影会のみ参加でしたが

握手会では誕生日イベント恒例の質問を主役のふたりに聞いてみます。

「幾つになったの?」

Mia にはいつもの如く誤魔化された感じでしたが

MiNi には「知ってるでしょ~」 と言われた時には笑えました。

 

最後に8ショット撮影会…

撮り直しの事を覚えてくれて自分の番になった時に

2枚8ショットを撮影してくれました。

WGS140608_18.JPG

 

即効で確認しましたが…取り直し分の1枚がまたピンぼけ…

撮り直しの撮り直しということにどうも声掛けするのも気が引け

まあ、余分に撮影させて貰ったと思い自分の今回のイベントは終了しました。

WGS140608_19.JPG

 

さて、6th Single 《Like You [ハート] Anyway》 発売記念イベントもオーラス。

8ショット撮影会も終了し最後の挨拶のため

WGS がステージ上に整列します。

 

ステージ上に立った彼女達の目には光るモノが見られます。

誕生日のお祝いの件もあるでしょうが

最近では臺灣での活動が中心になっていた彼女達

短い期間にギュッと詰まったスケジュールに多くのFan が応援に来てくれたことが

心強かった様でした。

Fan にとってはちょっと勘ぐってしまう様なコメントもありましたが

樂しかったWGS との1日が終了しました。

 

暫く日本での活動スケジュールは少ない感じですが

臺灣と日本の活動をバランスよく調整してもらって頑張ってもらいたいですね。

 

中國語のCD を製作しているようなので

その発売も期待したいトコロです。

 

 

                                                     (阿人)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

羅志祥 (SHOW) 《SPESHOW FANMEETING》 参加です [Event&Fan meeting]

さて、久々にFanmeeting に参加してきました。

参加したArtist は"SHOW" こと、羅志祥 のFanmeeting です。

 

2014年 6月21日 (土曜日)

梅雨の晴れ間となったこの日、東京・港区にあるNEW PIER HALL にて

SHOW のファンミが行われました。

2年前に発足されたSHOW の日本のファンクラブ"SPESHOW" に入会してはいましたが

何気にChance がなく今回初めてSHOW のファンミ参加となりました。

本当は参加できる可能性も低かったのですが… 長期出張が中止になった為可能となりました。

 

この日のイベント14:00 と 17:30 の2部公演。

折角の機会なので2部分のチケットを一般発売で購入。

初めてに近い体験… 樂しい時間を過ごせました。

showfunmeeting_01.JPG

 

さて、会場となったNEW PIER HALL ですが到着する前にひと苦労。

慌しい立ち上がりとなりました。

1部目の開場時間は13:30 。

それに併せて出かけたつもりなのですが… 最寄り駅のひとつである浜松町駅を

余裕を持ってでたつもりが会場付近で道を間違え大慌て。

開場定刻時間に何とか会場を発見しましたが…

入場のための長蛇の列が会場敷地の外れまで伸びています。

取り敢えず「間に合った」 と言う思いが先行してその列に身を置きます。

showfunmeeting_02.JPG

 

しかし、何分経っても一向に列が進むと言う感覚がありません。

刻一刻と迫る開演時間… チョットした焦りと野外の暑さ 諸々の感覚で落ち着きません。

 

どうやら入場に時間がかかっているのは物販の列が伸びすぎていて

入場者が会場内に入れない様でした。

そんな状況下で告げられたのが入場後の物販を一旦停止するとのこと。

そういう告知もあったからかその後はスムーズに会場に入れた感じです。

それでも20分以上は待ったでしょうか会場に入るまで。

showfunmeeting_03.JPG

 

チケットのモギリ後、アンケート用紙を渡されます。

これがイベント中に重要となるアイテムに… 用紙には質問事項と携帯番号を書く欄があります。

「なんだろう?」 と思いながらロビー内の様子を伺い

物販の列に並ぶのは諦めました。

 

今回のイベント主催はRitz Pro. 。

Weather Girls のイベントで顔馴染みになっているStuff さんと

チョットした会話を交わした後、会場に向かいます。 

 

約1,000人規模の会場でしょうか。 

小じんまりした印象のスペースといった印象。

会場の後方は壇上の仮設座席になっており最後尾の座席でも

充分にステージ上が観覧できる感じでした。

1部目はT列 ほぼ中央の座席で鑑賞。 (U列が最後尾列でした)

2部目はR列 ステージ向かって右端近い座席での鑑賞でした。

showfunmeeting_05.JPG

 

ファンクラブに入っているので先行販売もありましたが…諸事情で購入を見送り

もう少し前方の座席で観たかった感じもありましたが

後方で落ち着いて観れたのはある意味良かったかもしれませんね。

showfunmeeting_04.JPG

 

ステージ上の大型Screen には繰り返し映されるイベントロゴとGoods 案内。

時折流れるアナウンスは日本語と中國語でイベント中の注意事項が…

よく見ると周りには中國語や廣東語まで聞こえてきます。

 

定刻時間を過ぎて何時か何時かと思われた1回目の開演は、

入場時の問題もあり約20分遅れでイベントがスタートしました。

 

会場が暗くなり音樂が流れる中… 会場横にある扉からSHOW が登場です。

スポットライトに照らされながら会場内をステージに向かって移動するSHOW 。

 

意外な場所からの主役の登場に歓声あふれる会場内。

舞台にたったSHOW はSimple な衣装でありながら存在感抜群。

Fan の視線を一斉に浴びていました。

 

SHOW の登場に合わせ今回のイベントMC がステージ上手から登場。

MC はお笑いコンビ"あきげん"のふたり。

これもお馴染みのMC に気分は高揚します。

勿論、彼らの自己紹介の際にいつもの通りの掛け声をすると

周りの座席から一斉に向けられる視線はご愛嬌…

 

いよいよ待にまったファンミが始まりました。

公式來日としては約4ヶ月ぶりの日本。

プライベートでは日本に来ていたと話すなど相変わらずのライフスタイルを報告してくれます。

あきげんとの掛け合いも相性良く

「日本語が下手になった」と言いつつも味のあるTALK は見ているものを樂しませてくれます。

 

イベントの大筋は以下の通り進行します。

#1 ART SHOW

 あきげんから出題された問題の答えを絵で回答するコーナー。

 回答中はFan からの質問をSHOW が回答。

 3問出題され、答えとして描かれたは会場のFan に抽選でプレゼント。

 Surprise 特典として自分の携帯電話でSHOW とツーショット撮影。 

#2 SHOW MANIA

 SHOW についてのパーソナルクイズ。

 回答は2択から選択。ちょっとふざけたポーズにて回答。

 最後まで残った数名にサイン入りGoods プレゼント。

 そして… 

 Surprise 特典として自分の携帯電話でSHOW とツーショット撮影。

#3 SHOW SELECT SONG

 SHOW の生歌プレゼント。

 歌った樂曲は『Magic』 ※本当は『Beautiful Girl』 の予定だった様ですが、歌詞を忘れたということで…

#4 壁ドン

 抽選で1名選び当選者の携帯番号にSHOW が電話をして当選報告。

 用意された壁に当選者を立たせてSHOW が壁ドンPerformance を…

 

約1時間であっと言う間のイベントでしたが中身の濃い内容でした。

基本的には1部、2部共内容は同じ。

2部とも参加している人が多かった様で

特に2部目はSurprise になっていなかった部分も多々ありましたが

それがかえってイジリのネタになっていたりしてSHOW らしいアドリブ満載でした。

また、イベント進行の為のStuff や通訳の男性がいい味あって盛り上げてくれました。

showfunmeeting_06.JPG

 

抽選に選ばれた女性がステージ上でのハグを拒否したり。

当選者がなかなか名乗りですに、予備に引いた報われない番号を発表しその人をイジるとか…

イベント最後の最後の壁ドンに男性の観客を引き当ててしまうなど

予想外の展開が多く1,2部とも同じ内容でありつつも、

違った意味でLive 感味わえた樂しいEvent となりました。

※因みに最後の壁ドンの男性は知り合いだったりします。

showfunmeeting_07.JPG

 

Event のオーラスはSHOW とのハグ会。

後方の席だったので約40分待って自分の番となるのですが

間近で見ると気分は上がるものです。

showfunmeeting_08.JPGshowfunmeeting_09.JPG

 

1部目のハグ会では「いつも応援ありがとう」 そんな言葉をかけられた気がします。

2部目は慌しい感じでしたが…

それでも、この瞬間があるから待ち時間も苦では無かった感じです。

 

会場を出るとSHOW のメッセージ入りCard を受け取り

一連のEvent は終了しました。

showfunmeeting_10.JPG

 

1部目のハグ会後、物販に行くもCD しか販売しておらず

期待していたSTAGE のGoods は購入できず… 2部目に販売するとの事でした。

 

ですが、退場後再び2部目の列に並びましたが結局Goods を購入すること出来ず

そこだけが心残りのEvent になってしまいました。

そのことについてはRitz Pro. のStuff さんに愚痴ってしまいましたが… (苦笑)

それにしてもEvent 中の撮影禁止ってどうなんでしょう。

Event 中、隠れて撮影する人が何人かいました。

Stuff さんが注意している場面もありましたが万全じゃない…

Fan のマナーって言う面もあるかもしれませんが部分的にOK 出してくれると

今後メリハリついていい感じと思うのは自分だけでしょうか… 

 

8月にはa-nation 参加のために再来日するSHOW 。

Live Performance の鑑賞だけじゃなくFan と触れ合える機会があるといいのですが…

 

 

                                                 (阿人) 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

Weather Girls (天氣女孩) 応援第七拾七彈 ~ 6th Single 《Like You Anyway》 発売記念イベント (渋谷篇)~ [Weather Girls]

臺灣のお天氣アイドル?Weather Girls (天氣女孩) の6枚目のSingle

 Title : 《Like You [ハート] Anyway》

...が、2014年 6月 4日にRelease されました。

発売日当日いつもの様に東京渋谷にある渋谷マルイシティ 1Fエントランスの特設会場で

Release イベントが行われました。

Release イベントはミニライブ+購入者特典。

1枚購入者は握手会。

異品番2枚購入者はCD Jacket にサイン。

異品番3枚購入でメンバーと一緒に8ショット撮影 (携帯/スマホ) 。

ミニライブ中の注意事項としては"ライブの一部"が撮影可能 (動画禁止) は

前回同様の流れでした。

しかし、今回違ったのはこの日の数週間前に起こった事件を発端にした厳重な警備体制...

本来、購入者イベントはミニライブ会場で行われていましたが

特典会は会場を変えてSHIBUYA TSUTAYA B1F で。

直前の変更告知で当日混乱する場面をもありましたが当日を迎えました。

 

事前の予定だと6月に入ると中國へ暫く出張になる筈でしたが

急遽と言うかヤハリと言うか... 中止となり参加できることになりました。

当日は半日休暇を取得し早めに現地入りするも臺灣在住のWGS Fan と

思いがけないやり取りが始まり時間的な余裕が無いままイベント時間を迎えました。

 

さて、今回混乱を招いたのは17時から始まる整理券配布について。

ミニライブは観覧フリーですが優先エリアでの鑑賞を希望する人は整理券が必要。

いつもならCD を購入すると優先エリア入場整理券を貰うのですが

今回CD はSHIBUYA TSUTAYA で購入 (購入者特典参加券はこちら)、

ミニライブはマルイシティで整理券を貰うかたちとなり同時間配布開始と

前例のない状況に戸惑いました。

とは言え、16時過ぎTSUTAYA の状況を見つつマルイシティへ向かうと

数名の見慣れた顔が既におり合流しお互いに情報を交換し合います。

そんな中、突然のSurprise 会場に現れた同じRecord 会社所属のベイビーレイズ。

乗っ取りアイドルの異名を持つが如く、自分達のLive 告知をかけていきます。

何度か合同イベントで見ている彼女達でしたがやはりオーラを感じます。

時間の経過につれてイベント会場では着実に準備が進んでいきます。

そして、整理券配布のための列を作るような指示がはいり建物沿いに列が作られます。

自分は4,5番目と言った感じの位置で配布時間を待ちます。

wsg_140604_01.JPG

 

定刻時間近くなると列も伸びていき何度か列整理が入ります。

定刻時間を少し遅れ整理券が配布開始が始まります。

整理券はランダムに配布されるため何番が貰えるかは時の運。

wsg_140604_16.JPG

 

場所的な感じから『15番』 ぐらいまでがいいな...と思っていましたが

受け取った番号は『14番』 前者の番号を見ると若干悪い番号でしたが

まあ、想定内かな… と諦めCD 販売箇所のSHIBUYA TSUTAYA へ向かいます。

 

告知のあったB1F へ向かうとWGS ファンで溢れています。

特に特設スペースもなく表示もなく…どうやらカウンターでの直接購入らしくその列に並びます。

少し時間を待っての自分の番。ここで問題発生です。

当日に臺灣のファンと対応していたのがこの日のイベントでWGS のサイン入りCD が

欲しいと頼まれたこと。

ラフな会話なら中國語でやり取り出来るのですが細かいニュアンスや初めてと言ってぐらい

対話する相手とのやり取りは手こずり… いざ、彼のCD 分の数量を考えた時に

購入数量を勘違いしてしまい支払い時にパニックに…

なんとか頼まれた分のCD と自分の分を購入。

イベント参加券を何とかGet します。

サイン会参加券 4枚と8ショット撮影券 1枚 そして、握手会参加券 5枚。

平日の時間としてはヘビーな参加券入手となりました。

wsg_140604_04.JPG

 

イベント開始時間までにする事は済ませたので再びライブ会場へ戻ります。

再集合時間まで75分と言う時間はあっと言う間。

今回はふたつの会場を行き来しないといけなかった為、時間はあっという間に過ぎていきます。

再集合時間になり整理番号順に優先エリアの入場が始まります。

狭い会場… 予想はしていましたが最前列に陣取ることは出来ずに

Stage 向かって右端の前から2列目に身を置きます。

wsg_140604_02.JPGwsg_140604_03.JPG

 

考えると彼女達のイベントは前回のレギュラーイベント以来なので約1ヶ月ぶりだったでしょうか。

本番前のリハーサルに登場した彼女達の姿に心弾みます。

この日の天候は晴れ。

WGS 発売日には珍しく天気のいい日になりました。

 

登場したWGSは通常盤Jacket で着られた衣装で壇上にあがり

リハーサルでは2曲披露します。

『キミ予報』と新曲 『Like You [ハート] Anyway』 。

新曲の方はマイクを落として振りの確認といった感じ。

1曲だけのリハと勘違いしたYuMi が本番告知をする場面もあり

グダグダ感はWGS らしい一面でしたね。

 

小休止入っての本番開始は定刻時間を少し回ってからだったでしょうか。

全体的な流れのグダグダ感、最近 臺灣での活動が多いせいか

日本語がちょっと… なんて場面も多かったですね。

 

さて、セットリストはこんな感じでした。

   M-1 『キミ予報』

   M-2 『Like You [ハート] Anyway』

   お天氣Performance (担当:Mia 『恋の天気予報 Version』)

   M-3 『Tomorrow World』

   M-4 『為我加油』

wsg_140604_12.JPG

 

今回のミニライブでは新曲の『Like You [ハート] Anyway』 を始め

日本では初披露となる 『為我加油』 も聴くことが出来ました。

途中、Hi-JoN がマイクで口をぶつけるアクシデントなんかもあり

苦笑いな部分もありましたがこれもある意味WGS らしさでしょうか。

wsg_140604_05.JPGwsg_140604_06.JPG

 

前日に日本に戻り久々にFan の前でのPerformance 。

出来に関しては彼女達にとっても満足なものではなかったかもしれませんが

樂しそうな彼女達の姿は印象的でした。

wsg_140604_09.JPGwsg_140604_10.JPG

 

それ以上に久々のPerformance に気分的には満足でしたね。

wsg_140604_07.JPGwsg_140604_08.JPG
wsg_140604_11.JPG

 

約30分のミニライブが終了し一旦仕切りなおしで会場はSHIBUYA TSUTAYA へ移ります。

 

会場となるB1F 。

非常階段前にテーブルが用意されそこで特典会を行うように準備されていました。

非常口を挟んで反対側にCD 販売所が設けられかなりスペース的に狭い中での

特典会です。

既に参加券は持っていたので非常階段でイベント参加の列に並びます。

因みにイベントは握手会 → サイン会 → 撮影会 の順に行われます。

会場への移動が遅かったからか、参加者の列は非常階段上階層まで続いており

重い荷物を引きずり階段を登っていきます…

 

今回から握手会等の参加時には荷物チェック等と手間が掛かります。

ようやく入り口が見えてきた時点で荷物チェック。

大量のCD とカメラで鞄もパンパンそんな状況を終えて非常口をくぐると

目の前にHi-JoN の後ろ姿が。

「近っ」 と思いながら握手会の様子を見るもすぐに自分の番。

握手会の順番は Hi-JoN、ESSE、Ria、Mia、MiNi、YuMi、(NUe)2 の順です。

握手会の流れ自体はいつもの感じで進んでいきますが

ハガシが若干早い感じだったでしょうか… でも、今回は…

一回目が終わり店内を回って再び非常階段へ。

その列はまだ長く階段を再び上がっていきます…

そして、握手して三度階段へ… 流石に1発目のイベントだけにそこまで購入した人おらず

最後の2回はハイタッチループ状態の久々のアンカーになってしまいました。

久々の握手会ということもあり短いながらも5回も回れば色々話せ

チョットしたコミュニケーションはとれた感じでしたね。

ですが、終盤の金曜日のミニライブ (ポニーキャニオンで行われたイベント) に「来てね」は

仕事で行けなかっただけに聞いていて辛いものがありましたね。

 

次にサイン会の為に非常階段へ行きましたが流石に握手会ほどは参加者はおらず

スムーズに進みましたが4回列びなおさなきゃいけないのか…と思うとぞっとしました。

そこで自分の番になった時、Stuff の方に4枚同時にサインを貰えないかお願いします。

その話を聞いていたHi-JoN が「ダメダメ、回って…」 とチャチャを入れてきましたが

Stuff のOK がでていっぺんに4枚のJacket にサインを貰うことになりました。

Stuff に4枚分の参加券を渡していざサイン会です。

いままでに、こんなお願いをする人もいなかったからでしょうか

WGS も意外な反応ながらゆっくりとサインを貰います。

最初の方のメンバーは状況を知っていますからいいのですが

何故Jacket しか来ないの…と不思議顔。

段階的に説明していくちょっと変わった展開になってしまいましたね。

「臺灣のファンに頼まれた…」 と話すと反応が良かったのはMiNi でしたね。

一気にサインを貰えましたが意外にもゆっくり話せ樂しい時間でしたね。

wsg_140604_18.JPG

 

そして、最後に8ショット撮影会。

ここでちょっとした自己満足タイム。

撮影の際にその日購入したサッカー日本代表のユニホームを着て参加。

鮮やかな黄色にWGS の反応もよくこの日のイベントは終了しました。

wsg_140604_17.JPG

 

イベント開催場所がTSUTAYA 店内だったため

流動的な解散になった為、WGS 最後の締めの言葉はありませんでしたが

6th Single 発売記念イベントとして最良のスタートとなりました。

 

6th Single 《Like You [ハート] Anyway》

 

【収録内容】

・CD

Track 1 : Like You [ハート] Anyway

Track 2 : 為我加油

Track 3 : Like You [ハート] Anyway (Instrumental)

Track 4 : 為我加油 (Instrumental)

※ Track 3,4 は通常盤のみ収録

 

・DVD

初回A 『Like You [ハート] Anyway』 [Music Video]

初回B 『Like You [ハート] Anyway』 [Music Video -Behind the Scene-]

 

夏をイメージした新曲はこれからのシーズンにぴったりな内容。

メイキング映像ではWGS の素顔が垣間見れ日本での初のMV 撮影に挑んだRia や

相変わらず撮影中にチョットしたハプニングに見舞われる彼女達の裏話にFan 必見です。

 

                                                 (阿人)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。