So-net無料ブログ作成
検索選択

TAMAGOこと”阿人”です。好きな中華圏エンタメについて気ままに発信。音樂、映画、ドラマ…雑誌に書籍...Event など…臺・香・中・星・馬...日本で活動する人まで

《台灣ダフル ~TAIWANDERFUL2015~ 》今年も開催...夏の夜の臺灣の祭典 (@恵比寿リキッドルーム) [Event&Fan meeting]

2015年 8月14日 (金) ...。

昨年に引き続き臺灣のカルチャーを思う存分満喫できるイベントが今年も開催されました。

 《台灣ダフル ~TAIWANDERFUL2015~ 》

 

会場も昨年と同じ東京恵比寿にあるライヴハウス"リキッドルーム"で

一夜の臺灣祭り開催です。

フリーで参加できるCULTUREの部と

有料 (一部招待制) のMUSICの部は昨年と同じ構成。

昨年の成功により一段と盛り上がりのあるイベントになりました。

TWL2015_01.jpg
TWL2015_02.jpg

 

CULTUREの部は15:30から開始。

食文化としては人気の"マンゴーチャチャ"がマンゴー冰を販売したり

恵比寿にある"京鼎樓"が小籠包を販売したり (朝7時から仕込みを始めたそうです)、

昨年同様、それ以上に臺灣の人気グルメ・ドリンクが楽しめました。 

サブカルとしては、臺灣の人気ドラマ映画を紹介するブース。

openちゃんなど人気ゆるキャラのグッズ販売ブース。

観光協会ブースや臺灣にゆかりある企業ブース。 

現在日本でも上映中の臺灣映画《共犯》 等を紹介する映画ブース。

臺灣でも人気の写真家・川島小鳥さんのプチ写真展。

そして、MUSICの部で出演するアーティスト等のCDを販売するブースと

臺灣関連のイベントは数あれどこれほど多方面から臺灣を味わえる

数少ないイベントに心高鳴りました。

 

基本的にはMUSICの部の開場時間(18:00) に間に合えばいいのですが

今回も開場前の15時過ぎに会場に到着し会場の雰囲気を堪能していました。

 

基本的に単独行動なのですが、やはりこの手のイベントに参加すると

会場では数多くの知り合いと出会います。

開場前の入り口で見かけた女性...どこかで見たことあるけど思い出せない...

なんて、事もありつつ会場にいれば一人でいることがなく時間は過ぎていきます。

 

開場後はMUSICの部開始までCULTUREの部を楽しんだのですが

ここでは予想外な出会いや光景を目にできるのがこのイベントの醍醐味の一つです。

例えばMUSICの部出演者が意外とふらふら歩いているとか…等。

TWL2015_07.jpgTWL2015_08.jpg

 

さて、まず自分が最初に向かうのは出演者のCD販売ブース。

過去に日本でライヴをしたことあるアーティストのCD とか含め、

最近ではなかなか手に入らないCD を数点物色し購入。

TWL2015_14.jpg

 

他のブースでは以前から欲しかった臺灣出身で日本で活動している杏窪彌(アンアミン)CDを見つけ

購入しようとしたら...販売していた女性が杏窪彌さん本人と気づき驚き!!

しっかりサインと写真を撮らせてもらったり、少しお話もできてラッキーでした。

TWL2015_04.jpg

 

映画《共犯》のブースでスタッフさんと話していたら、突然 閃靈のFreddy が取材のレポーターとして現れ

その様子を独占的に眺められたり...

目の前で閃靈のDoris が携帯いじっていたり...(さすがに写真は撮れませんでした...)

TWL2015_05.jpg
TWL2015_06.jpg

 

川島小鳥さんのプチ写真展会場(※)では、トークショーに参加する小鳥さんが現れ写真を撮らせて貰い

少しお話もさせてもらう等、かなり個人的に楽しませて貰いました。 

小鳥さんの人となりがかなり個性的で面白い魅力的な人でした。

TWL2015_12.jpg

 

因みに...開場前に見かけた女性は《共犯》のプロモーターのスタッフさんだったということは

映画のブースを訪れた際に思い出しました。

(映画の初日舞台挨拶の時にちょっとした対応をしていただいた方でした...) 

TWL2015_15.jpgTWL2015_16.jpgTWL2015_17.jpg

 

ライヴ前には血肉果汁機 (Flesh Juicer) が自分たちで物販ブースを出していたので

サインをもらいがてら彼らが持ってきたCDを購入。

凄い好青年って印象だったのですが、ライヴでは...そのギャップに驚きました。

でも、この時のことが後々面白いことになるなんて、思いもよりませんでした。

TWL2015_09.jpg

 

基本CULTUREの部はトークイベント等もあり、2階フロアは人で溢れかえっています。

かなりの盛況ぶりがうかがえました。

TWL2015_10.jpg
TWL2015_11.jpg

 

ライヴ前かなりのはしゃいでいた為、食事する暇なくMUSICの部の開場時間が迫ります。

慌てて会場のある1階に身を移し急いで食事を...

 

そうは言っても手軽に食べれるものということで"京鼎樓"の小籠包を購入。

あまりの美味しさに追加でもう一つ買ってしまったほど。

TWL2015_19.jpg

 

マンゴーチャチャではかき氷を食べる余裕はなかったのでマンゴービールと

なぜかこの日特別に販売していた香腸を購入。

「マンゴーソースかけますか?」と聞かれましたが、お断りしましたが...

TWL2015_18.jpg

 

そんなことしている間に入場の順番が回ってきます。

因みに今回会場では某CD ショップの店長さん(社長さん?) と一緒に行動しており、

彼の方が先に入場だったので場所取りをお願いし自分の番を待ちます。

 

さて、自分の番。ドリンク代500円を払い、ドリンク券をもらいチケットのもぎりへ。

入り口でリストバンドを付けてもらうと...今年もありましたオリジナルグッズのプレゼント。

荷物は増えましたがうれしいお土産片手に会場内へ...

TWL2015_03.jpg.JPG

 

お願いしていたステージ最前列の下手側端に陣取りライヴ開始を待ちます。

TWL2015_20.jpg

 

ライヴは19時スタートでしたが、18:30より出演者の一人であるDJ Mykai 林哲儀が

会場横のDJ ブースでプレイを開始。

ライヴ開始までの時間をDJ プレイで盛り上げます。

TWL2015_21.jpg

 

さて、ライヴ本番。

一組 30分の持ち時間。セットチェンジが15~25分という感じでライヴが始まります。

 

一組目は『拍謝少年 (Sorry Youth)』

なかなか個性的な感じのRock Band でトップバッターを飾ります。

TWL2015_22.jpg

 

そして二組目は『血肉果汁機 (FleshJuicer)』

かなり激しいMetal系 Band 。

かなり熱いステージで会場のVoltage も最高潮に!!!

TWL2015_23.jpg

 

そして、終盤にはSpecial Collaboration として

閃靈のFreddy、Doris、JesseとDJ Mykai 林哲儀が登場。

昨年同様にFreddy の日本語の挨拶では70年目の終戦記念日に期して言葉を。

そして、その為に用意された樂曲を披露です。 

TWL2015_24.jpg

 

そして、三組目のトリには『盧廣仲』が登場。

参加アーティストの中では系統が一番異なる彼でしたが

個性的で魅力的な樂曲・パフォーマンスを披露してくれました。

会場には彼のファンが一番多かったのかな...そんな感じでしたね。

TWL2015_25.JPG

 

セッティングの時間がちょっともったいない感じはしましたが

今年のライヴも大いに盛り上がった一夜になりました。

 

ライヴの最後には、TAIWANDERFUL のコンピレーション・アルバム購入者が参加できる

ライヴ出演者全員との握手会へ。

TWL2015_26.jpg

 

最後の最後まで感動を味わえたイベント。

Summer Sonic の臺灣組前夜祭的な要素も多分にありますが

間近で彼らのパフォーマンスを味わえる最高の場。

臺灣との文化交流の継続という意味でも、これからもずっと開催してほしいイベントです。

 

 

                                                        (阿人)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。