So-net無料ブログ作成
検索選択

TAMAGOこと”阿人”です。好きな中華圏エンタメについて気ままに発信。音樂、映画、ドラマ…雑誌に書籍...Event など…臺・香・中・星・馬...日本で活動する人まで

《台灣ダフル ~TAIWANDERFUL~ 》 2014年夏 特別な日となったひと夜の祭典 [Event&Fan meeting]

2014年 8月15日…

日本にとっては忘れられないこの日に特別なイベントが開催されました。

臺灣の音樂を日本の人にもっとして欲しい…

その他の文化を知ってほしい…

ここ数年日本でも旅行や食文化の面で注目を集めていた臺灣。

違った側面でも臺灣をアピールしようと「台灣文化部影視及流行音樂産業局」主催で行われた

台灣好きC-Pop 好きには堪らない一日限りのお祭りが

東京恵比寿にあるLive House "恵比寿 リキッドルーム" にて行われました。

20140815_taiwanderful_01.JPG

 

メインは19:00 スタートのLive となるのですが

会場では16:00 から臺灣の文化を紹介する為のイベントもあり

臺灣を知ってもらう大盛り上がりのイベントとなりました。

 

このイベントはどちらかと言うと多くの人に臺灣のサブカルチャーを知ってもらう

主旨のイベントであるため

普段から臺灣の事が好きで音樂や映画等のコンテンツを樂しんでいる人間が

ターゲットではないかもしれませんが

日本でのエンタメ中心の臺灣イベントという事で大いに樂しませてもらいました。

20140815_taiwanderful_02.JPG

 

会場へは開場時間(16:00) より若干早めに到着し入り口で開場を待ちます。 

入り口には臺灣料理のFoodcar が仕込みの準備をしています。

会場にはライヴ出演者である閃靈樂團 (Chthonic) Fan の姿が多く見られ

中には臺灣好きという感じの年配の人など幅広い世代の人が

時間経過と共に集まってきます。

20140815_taiwanderful_03.JPG

 

ライヴ以外は会場開放のフリーイベント。

臺灣のデザート店等の出店もあり会場内はさながら縁日の賑でした。

16:00 定刻になると入場が開始され先ずは開放フロアとなった2階へ。

20140815_taiwanderful_04.JPG
20140815_taiwanderful_05.JPG

 

フロア中央にある小さめなStage では数回に分けてStage イベント (トークショー) が。

その壇上には臺灣のゆるキャラ (OPENちゃんやタイワンダー) のトークショーや

臺灣映画を語ろうというコーナーでは臺灣映画ではお馴染みな歌手 中孝介が登壇するなど

魅力的なプログラムが用意されていました。

20140815_taiwanderful_06.JPG

映画ブースとしては2点。

来年日本公開の話題作 《KAMO》 の撮影衣装であるユニホームの展示。

20140815_taiwanderful_07.JPG

 

来月日本公開される蔡明亮導演作品 《郊遊》 (邦題:ピクニック) のブースでは

チケット販売も… この日に併せて用意したOriginal の特典も。

20140815_taiwanderful_08.JPG20140815_taiwanderful_09.JPG

 

食文化としてはマンゴー氷や臺灣啤酒、滷肉飯 等も味わえました。 

開演時間前まで臺灣を存分に味わえる時間となりました。

 

決して広いとは言えない開放スペースには多くの人が訪れ

各々会場でのイベントを樂しんでいる様子。

OPENちゃんが会場を徘徊したり、リハに向かう出演者に遭遇したりと

普段のイベントとはひと味違った時間が流れました。

 

会場では出演者のCD も販売されていましたが

既に購入していたのでスルー…  Chthonic のCD を購入するとポスターが貰えた様ですが

今回のイベントで製作されたポスターであれば欲しかったと少し後悔です…。

そして、高雄で起きたガス爆発事故の為の募金コーナーも。

 

今回のイベントはChthonic のFB をCheck していて知ったイベントでした。

チケット販売開始と同時に申し込み整理番号が『5』 番とラッキーな番号を入手していました。

20140815_taiwanderful_11.JPG

 

入場は整理番号順だったという事で

中孝介が壇上したイベントは残念ながら見れず入場開始の18:00 を待ちました。

開場時間近くになると多くの参加者で1Fロビーは人で溢れます。

今回は前売り券、当日券、SUMMER SONIC 2014 のチケット所持者はフリー入場出来たことで

多くの人が集まったのはいいのですが 

入場告知がなかなか出ないので少し苛立ちを感じます…

20140815_taiwanderful_10.JPG

 

リハーサルが遅れた事もあり開場の時間が遅れはしましたが

整列入場という事で早めにLive 会場に滑り込みます。

但し、驚いたのは電子チケット含めて同一番号が複数あったことでしょうか。 

 

入場時にドリンク代500円と引き換えにドリンク券と再入場用のリストバンドを巻かれます。

20140815_taiwanderful_13.JPG

 

そして驚いたのがイベントロゴの入ったタオルを渡されたことでした。

2階イベント時に関係者が同じタオルを持っておりどこで売っているのか気になったモノが

プレゼントされるなんて…

しかも、生地もよくこの様なイベントで販売すれば1,500円はしそうなモノでした。 

20140815_taiwanderful_12.JPG

 

そんな事からこのイベントに力を入れている主催者側の思いが伝わってきました。

 

さて、今宵の出演者ですがイベント翌日から東京・大阪で行われる夏フェス "SUMMER SONIC 2014" に

出演する臺灣のバンド…

閃靈樂團 (Chthonic) 、宇宙人 (Cosmos People)、

阿飛西雅 (APHASIA)、濁水渓公社 (LTK コーミュン)の4組が出演しました。

※ 実際にサマソニには五月天等の臺灣のグループは出演しています

 

個人的にはChthonic と宇宙人は知っていましたが

どの出演者も生で演奏を聴くのは初めてでPerformance がやはり一番の樂しみでした。

自分はStage 向かって左側少し中央寄りの最前列で鑑賞です。

後悔したことは目の前にスピーカーがあり後の数日間左耳が調子悪かった事でしょうか。

20140815_taiwanderful_14.JPG

 

いずれの出演者もバンドなので出演の切り替えのSetting 含め持ち時間40分程度。

約2時間半の臺灣night が定刻時間より若干遅れて開始されました。

 

出演順は① 濁水渓公社 ② 阿飛西雅 ③ 宇宙人 ④ 閃靈樂團

4組4様の音樂STYLE で会場を盛り上げます。

 

どのバンドも日本語でのMC は堪能ではないのですが

各グループで個性溢れる会場とのやり取りは微笑ましい感じでした。

会場内には臺灣の観客も多く日本にいながら臺灣のライヴハウスを感じる場面も垣間見れたのは

ライヴハウスというStage と客席の距離感がいい効果に現れたのだと思います。

 

1. 濁水渓公社

 臺灣語によるロックバンド。

 何処と無く哀愁ただよう福建歌謡を思わせる樂曲が臺灣ぽくって面白いバンドでした。

 意外と樂曲にハードな面も見られ見た目の印象とは違ったギャップが良かったですね。

20140815_taiwanderful_15.JPG

 

2. 阿飛西雅

 インスト系のバンド。

 女性Bassist の存在が妙に印象深かったですね。

 臺灣にもインスト系のバンドがあるんだ…と、改めて認識した感じでした。

20140815_taiwanderful_16.JPG

 

3. 宇宙人

 待望の日本Original CD (Selection + 新曲) をRelease し、日本のStage へ現れた

 Pop な雰囲気が魅力なRock Band 。

 数年前からあるブロガーさんが絶賛していたのですが、あまり興味なく聴いていなかったのですが

 聴いて納得。爽やかな樂曲、透明感あるVocal が魅力な3人組でした。

20140815_taiwanderful_17.JPG

 

 演奏面だけでなくStage Performance も面白く、臺灣でも人気があることが出来る感じでしたね。

 多分初公開(?) 日本版のCD に特別収録された『幸せな結末』 を披露するなど

 今後 日本での活動を期待してしまう内容でした。

20140815_taiwanderful_18.JPG20140815_taiwanderful_19.JPG20140815_taiwanderful_20.JPG

 

4. 閃靈樂團

 臺灣好きと言うよりはヘヴィメタFan にお馴染み臺灣発 シンフォニック・ブラックメタル・バンドとして有名な彼ら。

 この日は特別にAcoustic Version でのPerformance を披露です。

20140815_taiwanderful_21.JPG

 

 ここ数年は毎年の様に日本公演を行っている彼ら。

 サイン会への参加はありますが機会なくライヴへの参加は出来ておらず、ライヴ映像を観ると少し躊躇してしまう

 感もありましたが当日のPerformance 感動的な印象深いモノとなりました。

 今日はいつもと違いAcoustic Live という事でロックポーズ封印。「讃 (Like)」 ポーズでと

 いつものChthonic Live との違いにFan もちょっと戸惑った感じでしょうか…

 そういう意味では普段は観れないPremium な内容になっていた事は間違いありません。

 終始リラックスしたMember たちの姿も印象的でした。 

 そして、最もPremium な内容となったのはLvie 中盤でのVo. Freddy の日本語でのメッセージ。

 偶然だったのか必然だったのか終戦記念日となったこの日。 

 日本語が得意ではないという事で凄く練習したであろうメッセージの内容をメモを観ながら読み上げます。

 内容は平和への誓の様な内容。

 彼らの持つ音樂性、そして彼らの思い精神が日本の地でしかもこの日に…

 不思議な巡り合わせを感じずにはいられませんでしたね。

 Live 終盤ではマーティ・フリードマンもゲスト出演し一夜限りの特別な夜は終了しました。

20140815_taiwanderful_22.JPG20140815_taiwanderful_23.JPG20140815_taiwanderful_24.JPG

 

後日の記事発表によるとイベントには1,000人を超す人が参加したとか。

ライヴ会場もいっぱいだったので大いに盛り上がりは感じられました。 

何かを好きになってその事を多く知りたくなる…

自分も音樂や映画を通して臺灣を始め中國語圏の文化や國に興味を持ったひとり。

臺灣のエンタメ (俗に言われる華流) はアイドルだけじゃない。

いろんな要素を含んでいるということを知ってもらうイベントが多く行われること、 

今後もこの様な活動・イベントが続いてくれることをエンタメ好きのひとりとして切に願います。 

20140815_taiwanderful_26.JPG

 

                                                  (阿人)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。