So-net無料ブログ作成

TAMAGOこと”阿人”です。好きな中華圏エンタメについて気ままに発信。音樂、映画、ドラマ…雑誌に書籍...Event など…臺・香・中・星・馬...日本で活動する人まで

Weather Girls (天氣女孩) 応援第六拾四彈 ~ レギュラーイベント 《絶対合格!天気予報士への道~7時間目》 (ポニーキャニオン篇)~ [Weather Girls]

2013年10月19日 (土)

臺灣のお天気アイドル "Weather Girls (天氣女孩)" の

レギュラーイベントが東京・虎ノ門にあるポニーキャニオン本社 1Fの

イベントスペースで行われました。

10月 7日に臺灣での本格的な活動の発表があった彼女達…

Fan にとってはハッピーな会見の筈が一転… Fan にとって混乱する内容となりました。

勿論、Weather Girls としての活動は喜ばしい事ですが

会見場に現れた7人のメンバーの中に姿には水曜日ガール DaRa の姿はありませんでした。

公式な発表がないままに彼女達は10月14日、日本に戻った彼女達。

羽田空港に出迎えに行きましたが、そこにはDaRa の姿はありませんでした…

翌々日の16にRitz Pro. からの公式なDaRa 退団発表。

その翌日にDaRa からのMessage …

Fan の間ではDaRa の体調についてはある程度承知した事実ではありましたが

思った以上に深刻だったこと…

これから本格的に中華圏での活動をアピールしていこうとする Weather Girls …

発表のタイミングを考えると事務所側の苦悩の決断が伺えました。

特に翌日発表された4th Single のJacket 寫眞を見たら尚更に…

色々なことが短い期間にあった後の初となるWeather Girls のイベントとなりました。

約1ヶ月ぶりになるレギュラーイベント 《絶対合格!天気予報士への道》 は7時間目 (7回目) 。

久々のイベントという事もあってか気持ちがそわそわし

会場となるポニーキャニオン本社へはいつもより若干早めに向かいました。

9:30 過ぎに到着… 台風が通過してから一気に秋らしい気候になった東京地方。

この日は空が雲に覆われていたせいかビル風も手伝って寒い感じでした。

ポニーキャニオン本社前にはお馴染みの顔が多く既に建物に沿って並んでいます。

いつもより1時間ぐらい早く着きましたが意外と人がいたので驚きました。

そこからは長い待ち時間の始まりです。

馴染みの人達と雑談しながら過ごしますが

雰囲気的にはちょっと何時もと違う感じは否めませんでした。

11:00 近くになると会場となるポニーキャニオン本社にはStuff の姿がチラホラ見られます。

Ritz のStuff からポニーキャニオンのStuff、警備のStuff 等…

あきげんの石井元気氏もこのぐらいの時間に会場入りしたでしょうか…

それでも開場まであと2時間はある感じです。

ですが、暫くすると意外な展開が待っています。

11:00 を少し回った頃でしたポニーキャニオンのStuff さんが

急遽 入場券の販売の告知をします。

その時点で開場前にいた人数は40人ぐらいだったと思います。

が、長時間建物付近に多くの人に居られるのも困るという判断なのか

11:30 から入場券の販売が始まりました。

入場券には整理番号が記載されているので12:45 の再集合時間まで解散となります。

授業料(入場料) となる1,000円を支払い受け取ったTicket の番号は『16番』でした。

Ticket を受け取ったという事で前回に引き続き

イベント前に食事に行くことが出来ました。

WG_131019_01.JPG

知人と近くの臺灣料理の店で食事。

12:30 に会場へ戻るも、「もう少し時間が経ってから来てください」との事で

暫し建物裏で休憩します。

12:45 少し前、正面玄関側へ行くと既に多くの人が集まっています。

そして、定刻時間になると係員の誘導で番号順の整列が始まり

入場まで暫しの待機となりました。

WG_131019_02.JPG

その時間、Fan 有志によるSurprise 企画が周囲の人に告知され

思いもよらず自分もその渦中に組み込まれることとなりました…

13:00 定刻通り入場開始。

入り口でTicket の半券と入場Pass を受け取り

イベントスペースに入っていきます。

WG_131019_08.JPG
WG_131019_05.JPG

何時も座る場所に悩んでしまいますが

今回も考えている内に前方の席(と言っても2列目ですが…) が無くなり

結局、前回のイベントの際とほぼ同じ位置(3列目、Stage 向かって右端から2番目)で

腰を落ち着かせることとなりました。

荷物を置いて席を確保したら次にすることは

4th Single 《HEY BOY ~ウェイシェンモ?~》 の予約。

WG_131019_03.JPG

予約特典イベント参加のために今回もCD の予約をします。

イベントスペース外のエントランスで行われていた予約受付。

一列に列んで記入用紙に必要事項を記入します。

今回は初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤を各2枚 計6枚を予約し、

イベント参加券 6枚をゲットします。

WG_131019_04.JPG
WG_131019_07.JPG

さて、イベント前の準備は完了。

とは、言え急に頼まれた依頼にドキドキも隠せないままイベント開始を待ちます。

ですが…やはり何時もと違う会場の雰囲気は否めませんでした。

13:30 少し前、ポニーキャニオンStuff さんがStage 前に現れ

「Weather Girls のメンバーがイベント前にあいさつが…」 と、告知されます。

そして、珍しいくこの場面に関しては撮影禁止とも…

Stage に現れたWeather Girls 。

その時のことはイマイチ覚えていませんが神妙な出で立ちの6人の姿が印象的でした。

今回起こった出来事に対して自分達の決意表明的な内容を語りました。

CD Debut から1年。

日本に来てから樂しいことも辛いこともあって乗り越えてきた…

そんな心情からこれから6人で頑張っていくという決意表明でした。

具体的な内容こそはありませんでしたが会場にいる皆が分かっていること。

その場にいるRitz やポニーキャニオン Stuff の方々も神妙な空気の中、

彼女達の決意に会場にいたFan 達の大きな声援が彼女達に勇気を与えた感じでした。

そのままイベント突入かと思いきや一旦 彼女達は控室に戻り仕切りなおしです。

ポニーキャニオンのStuff さんがイベント終了後の(NUe)2 誕生日Surprise のお願い

告知をした後、いよいよ本番開始となりました。

13:30 ちょっと過ぎ… 会場内にチャイムが鳴り響き

再びWeather Girls が登場します。

元気いっぱいな感じで登場も少し表情が固く感じたのは自分だけでしょうか…

彼女達の登場に少し遅れてMC である"あきげん" 元気氏登場です。

「???」 ちょっと何時もと違う雰囲気で始まったレギュラーイベント。

秋山氏がいないことを突っ込まれながら元気氏が今の状況を説明します。

「秋山は怒っている」

「Weather Girls はちゃんと(気象予報士の) 勉強をしていないから怒っている」 と…

そして、遅れて登場する秋山氏でしたが

この演出、この日この場の雰囲気にはちょっと場違いさは否めませんでした。

ですが、内容的には徐々にいつもの通りのWeather Girls に戻すキッカケになった気はします。

ほんと、イベント開始直後は寫眞を撮っていいものか… そんな感じさえあたえる

表情が冴えない(NUe)2 … カラ元気な感じのESSE 、Hi-JoN …

秋山氏が"Weather Girls" が勉強していない証拠として会場のモニターに提示したのは

Weather Girls メンバーのプライベート時の恥ずかしい寫眞でした…

先ず画面に映し出されたのはMia の寫眞。

パソコンに向かったまま寝てしまっている寫眞。

その寫眞に気付いたMia の慌てよう。

その寫眞にガヤる他のメンバー達。

寫眞にツッコミをいれるあきげん… の構図で場の雰囲気がいつもの感じになっていきます。

他のメンバーも次々に恥ずかしい寫眞が暴露されていきますが

寫眞の出処は勿論 身内の暴露もの。

WG_131019_09.JPG

「黒マネ~」 とマネージャーへのツッコミをいれる(NUe)2、YuMi …

Stuff 含めてチームとして仲の良さを感じさせる1幕。

その場にいたFan も和ます感じでした。

WG_131019_10.JPG

それは彼女達の奔放さも手伝っての事はいうことはありません。

前フリが30分… イベントの本題(?) に入る前のコーナーとしては盛り上がった暴露寫眞合戦は

(NUe)2 の不満爆発とHi-JoN の◯◯公園というあまり良くない愛称(?) が付けられ

幕が閉じます… まあ、この企画(?) は今後も続きそうな予感…

WG_131019_11.JPG

イベント開始前から気がついていたのですが

Stage 上に用意されていた椅子は8脚。

Weather Girls が6脚、あきげん用に2脚… と、言うことは…

薄々感づいてはいましたが今回の授業も國本先生は欠席です。

最近、レギュラーを持つなど忙しいですからね… なんてフリも有りながら

授業が開始されます。

今回のテーマは「季節"秋"を伝えよう」 というもの。

前回が「台風レポート」 というテーマでしたが

お天気の情報・レポートには季節を伝えるのも重要という事で

どの様に伝えるか…伝えるか…伝えるの… って事で「伝言ゲーム」をチーム対抗戦で行います。

先ずはチーム分け。

最初に呼ばれたチームA はHi-JoN、ESSE、Mia の3人組。

対するチームB はMiNi、YuMi、(NUe)2 の3人…

チームA よりノリの良かったチームB はハイタッチでチームワークの良さを見せつけます。

その姿、長身長チームと比喩されるとその輪に強引に入り込もうとする

Hi-JoN の姿が笑えます。

チームB になぞられ対抗したチームA は「ちびチーム」と言って屈んで対抗。

ゲーム前から火花が飛び散っています。

さて、ここでゲームへ移行なのですが伝言ゲームの方法は選択制で

「ゼスチャー」と「絵スチャー」からチーム毎に好きなモノを選択します。

テーマは『秋』 。

先行はチームA がゼスチャーを選択しゲーム開始です。

最初のお題は「運動会」。

Stage 前に登場したHi-JoN、ESSE、Mia ですが

三人の間にはパーテーションが置かれて横の人の行動が見えなくなります。

まあ、この仕切で彼女達の自由奔放な姿が観れたことは言うまでもありません。

さて、ゲーム開始。

会場の観客は答えを知っているのでその動きに納得するようなしないような…

結局、3人めのメンバーが答えられず不正解。

チームA は幸先の悪いStart になりました。

後攻のチームB は絵スチャーで対抗。

画伯揃い? の3人に与えられたお題は「焼き芋」

WG_131019_14.JPG

先頭のMiNi の暴走?的な絵の構図に引きづられた感じで

アンカー (NUe)2 も不正解でした。

因みに2番目のYuMi はMiNi そっくりの絵を描いたのですが

(NUe)2 の不正解から何とか思いつき正解を答えます。

が… その答えに納得いかなかった(NUe)2 の暴走が始まります。

「答えが『焼き芋』ならこう描くでしょ」 と見本を見せます。

一応、答えが出たということで5点もらたチームB がリードでゲームが続きます。

WG_131019_12.JPG

双方のチーム、絵スチャーとゼスチャーを交換しながらゲームは進行。

ノリ的には絵スチャーの方が大いに盛り上がる展開でした。

特に絵を描いている時に相手チームのメンバーが冷やかし半分で様子を伺う姿は

可愛らしい感じでしたね。

特に会場に流れる音樂に併せて歌っているHi-JoN 。

「おおっ、生歌~」っていう感じで徳した気分でしたね。

ただ、あきげん・秋山氏のハモリは余計でしたが…

ゼスチャーでの意外なESSE の演技力、

(NUe)2 のゼスチャーなのに鼻歌という荒業とちょっとした暴走で

会場の雰囲気は何時もと変わらないWeather Girls 劇場となりました。

後半ぐだぐだ感のあったゲームで勝敗は… って感じでしたが

MiNi、YuMi、(NUe)2 のチームB が勝利。 (内心、そうだっけ… って言う感じでしたが)

WG_131019_13.JPG

Hi-JoN、ESSE、Mia のチームB が罰ゲームを受けることとなりました。

罰ゲームは恒例の「不味いオリジナルドリンク」

Stuff さんがStage 前に色々な飲み物や調味料を運んできます。

そして、有無も言わず勝者チームの3人はドリンク製作にとりかかります。

こういう時になると威力を発揮する(NUe)2 。

イタズラっぽい表情が不気味に映ります。

罰ゲームを避けようとMC 席に身をおくHi-JoN …

でも、結局は敗者3人罰ゲーム・不味いドリンクの餌食となります。

とは言え勝者チームも無理強いするわけない罰ゲームはさじ一杯分で施行されます。

が、それでも威力抜群の抗力を発揮です。

WG_131019_15.JPG

勝者も味見する等…罰ゲーム壊しの側面のありつつ

最終的にはあきげん・秋山氏にとばっちり。

グダグだな結末でレギュラーイベントのコーナーは終了するのでした。

次にお天気パフォーマンス移行のためにステージ上では準備のために仕切りなおし。

控え室に戻るわけでもなくステージ端で戯れる彼女達に癒されます。

さて、お待ちかねのお天気パフォーマンス。

個人的には6人で行うステージは初めてでした。

いつもとは少し違ったポジショニングの6人。

翌日の天気予報ということでメインは日曜日ガール(NUe)2 。

「いつもとは違う場所…」 といいながらPerformance 開始です。

『恋のラブ[黒ハート]サンシャイン』 にあわせてのPerformance は後半のソロパートで

アドリブによる(?) 蹴りの振り付け。

WG_131019_17.JPG

ESSE の回転蹴りが決まって(?) 6人のPerformance が終了です。

なんとなく思い雰囲気で始まった今回のレギュラーイベントでしたが

ここからが本当の意味でWeather Girls たち 勿論、ファンやスタッフにとっても

忘れられないひと時になるのでした。

先ずは、ポニーキャニオン・スタッフさんからも告知のあった(NUe)2 のBirthday Surprise 。

入場前にFan 有志から配られた黄色いサイリュームを準備しながら状況の様子を伺います。

舞台上では告知等、何気ないやり取りを行う あきげんとWGS 。

すると徐々に照明が落ちて只ならぬ雰囲気を感じる彼女たち。

そして、控え室方面から現れた小さな灯火に状況を知ったWGS 。

黄色いサイリュームの光に包まれた会場はBirthday Song とともに

(NUe)2 への祝福をつたえます。

空調の関係でロウソクの火を消すのに苦労する(NUe)2 。

ようやく火を消して照明が点くと会場後方にはお祝いの横断幕が掲げられ

それを観た(NUe)2?はなんともいえない嬉しそうな表情。

その光景に他のメンバーもつられ会場は暖かい空気に包まれます。

お礼の言葉を言おうとするも日本語ではうまく話せない(NUe)2 は

中國語で長々と今の想いを語りだします。

通訳はさまず話し続ける様子に途中 Hi-JoN が茶々入れる場面も。

日本語担当 MiNi が通訳する前にあきげん・秋山氏が会場の観客に

「意味分かる人いる?」 なんて尋ねる場面もありいつもの誕生日Surprise とは

違った雰囲気となりました。

(NUe)2 は「誕生日から日が経っているのにお祝いしてくれて…」 という内容。

色々な事が立て続いた時期だっただけにFan からのお祝いに感慨深いものがあったようです。

そして、Surprise 第二段突入です。

あきげん・元気氏の「起立」の掛け声で観客が一斉に席を立ちます。

皆が掲げた1枚の紙。

内容は『Weather Girls 一周年』を祝うモノ。

そして、Fan 有志発案によるWeather Girls への呼び掛けが始まります。

自分も一人で話さないといけない台詞があったので

噛まない・とちらない様にと大緊張。

何とか自分の台詞も問題なく呼び掛けも大成功。

Fan の熱い想いを受け止めた6人の女の子。

勿論、その場にいたRitz Pro. やポニーキャニオンのStaff も

Fan の想いを受け止めたようでした。

CD Release から1周年。

そのお祝いではありましたが彼女たちにはそれ以上の想いが届いた感じでした。

それは彼女たちの表情を見れば一目瞭然でした。

皆、一様に赤く腫れ上がった目。

涙をこらえた感じの彼女たちの姿にこちらも目が熱くなる感じです。

そして、急遽お祝いのお礼としてひとりひとりがメッセージを伝えます。

新たな決意を感じるその言葉。

多少湿っぽくなったところをHi-JoN がおどけてみたり

Fan からの掛け声が和らげます。

最後、リーダー YuMi のひと言で色々と想い深かった

レギュラーイベントは終了しました。

WG_131019_18.JPG

 4th Single 予約イベント移行の為に彼女たちは一旦控え室に戻り

会場は準備に入ります。

観客はイベントスペースを出て待機に入りますが

色々な意味で熱くなったイベント。

彼女たちの準備も少し時間が掛かったようです。

さて、ポニーキャニオンの外では予約イベント参加の列が作られていきます。

次の予定も…と、考えていたので早めに列に並ぶも思いようには事は運ばないのでした。

今回の予約イベントはハロウィンが近いこともあって

小さなかぼちゃの容器にメンバーが絵をサインを描いてくれるというもの。

1枚の参加券で1メンバー。

描いてもらうメンバーは自分で選べます。

今回は6枚CD を予約したので6人のメンバー全員に参加しました。

早く並んだつもりですがイベント参加者スペースになかなか入れず、

そのタイミングでWGS 登場っていう感じの出だしとなりました。

入場再開で自分は先ず(NUe)2 の列に並びます。

いつもの定番ですが意外と考えることは皆同じなのか列が異常に長い感じです。

しかも、似顔絵を描いてくれるというのでいつも以上に時間が掛かった感じです。

さて、お絵かきタイム。

特徴がとらえれれているのかどうか…

「こう見られているの?」 って感じで(NUe)2 が絵を描いていきます。

後で分かった事ですが(NUe)2 的には書く前に「かっこいいversion? 怖いversion?」 と

聴いて描いていたようですが自分はなし。

たぶん「怖いversion」のようでしたね。

さて、以外に時間が掛かったので次々に並んでいきます。

次にMiNi 。

なんか個性的な感じ。やはり眉毛が濃いような… しかも髪の毛がもじゃもじゃ…

なんか、○原○純 風。 迷画伯???? っていう感じで苦笑いです。

次にESSE 。

挨拶からESSE World 全快って感じ。

描かれた絵柄も個性的である意味ESSE ぽい仕上がりです。

描いてもらったかぼちゃの器は取っ手を摘んで持っていた為

メンバーから「見せて~」なんてこともあったりなかったりと…

次にHi-JoN 。

「ポーズは?」 と言われちょっとおどけてポーズを取ると

そのままの状態を維持させられます。

出来上がった作品は… 才能を感じるいい作品で驚きました。

次はMia 。

どうも絵を描くのが苦手なのか、対面するのが苦手なのか…

「何描く?」 と聞かれて「何でもいい」と答えると

何故かMiNi の似顔絵を描かれてしまいました… ちょっと判断ミス? なんて思いながら

最後にいつもの如く YuMi のところへ。

さて、第一声が「かっこいい顔? 濃い顔?」 とのこと。

「はあ?」 どうやら隣にいた(NUe)2 のまねで「怖い顔」と言おうとして「濃い顔」となった模様…

思いっきり「濃い顔で」とお願いすると後ろにいたマネージャー巻き込んでの

笑いの輪が出来ました。

WG_131019_19.JPG

今回の予約イベントですが参加者の希望で急遽? 用意された画用紙にもOK でしたが

ちょっとハロウィンという名目が薄れて若干味気ない様な感じでしたが

似顔絵イベント… 面白い感じでしたね。

最後、ハイタッチによるWeather Girls のお見送り。

久々のWeather Girls のイベントであり

大きな変化があった後での最初のイベント…

全て終了したのが15:30 過ぎ… いつもより1時間近くオーバーしたイベント。

色々な意味でその場に居れて良かった感じです。

何があっても彼女たちを応援する気持ちは変わらないし

今後 臺灣での活動も多くなるだろう動向にも期待です。

※書いた記事のデータが飛んでしまったり、現在仕事が忙しく今の更新となりました。 

                                                  (阿人)


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

カリッと青春

おつかれさまです。いつもありがとうございます。
DARAショックの余波は大きいですねぇ...

何かぎこちない雰囲気で始まったのでどうなることかと思いましたが、
何とかいつもの感じに軌道修正(!?)されて一安心って感じでした。
あ、呼びかけでソロ担当してたんですね~。気が付きませんでした...

そうそう、あの罰ゲームはぜひ壇上でやって欲しかったなぁ...^^(←よく見えなかったので)

リリースイベントもやっとお知らせあったみたいで、
楽しみですね♪
by カリッと青春 (2013-11-06 02:09) 

TAMAGO

for カリッと青春san

 いつもありがとうございます。
 リリースイベント決まりましたか。

 まだ、全然チェックしていませんでした。

 楽しみですね。


from 阿人(TAMAGO)
by TAMAGO (2013-11-06 05:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。